らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


093:鼻 より

リサイクルされる慕情が鼻につく匂いを放ちだしてしばらく
花夢 (花夢)

 そも、慕情とはリサイクルされるものじゃありませんから~^^;
 
 リサイクルには「使い古し」という意味合いがあって、それが慕情ということは、誰かに向けたものが実らなかったからこっちに回ってきた、まるで代用品のような言い方。
 強烈な皮肉、かつ自虐的。お情けかけられた自分、みたいな。
 しかも、それが「鼻につく匂いを放ち」出している。
 男の心変わり、というか、最初から愛がなかった上に、さらに気持ちが離れたという状況を、こんな非肉で詠めるものなのね。
 スゴイわ。
 こうなると、主体(間違いなく女だよね)の感情としては、「しばらく」が過ぎればいずれ『可愛さ余って憎さ百倍』に行き着くに違いない。「鼻につく」と思う時点で、絶望のあまり自殺、といった方向には絶対行かないはず。

 ちょっと怖い、女の心理。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬省略


穴井苑子 (猫のように純情)
美しい鼻というのは美しい鼻の穴ってことなのかもね

行方祐美 (フーガのように)
鼻濁音たっぷり含む曇り天われは君より心が薄し

野州 (易熱易冷~ねっしやすくさめやすく、短歌編)
あいさつは鼻すり合はせねこの仔のさよならだけが人生だもの

龍庵 (題詠blog2009 龍庵)
是が非でも非が是でもいい手に入れるシラノの鼻は今は忘れて

ウクレレ (十線譜)
おもちゃ箱の一番底で笑わずにひしゃげて眠る鼻ヒゲ眼鏡

斗南まこと (野ウサギのように)
鼻先をくすぐる香りあまやかにまた始まってしまうあやまち

遥遥 (たんかのきりかた2)
たわむれに我は何かと今日も問い「鼻」という名の小説を読む

磯野カヅオ (その時の主人公の気持ちを三十一文字で述べよ。)
着床に至る経緯を説いてみる 鼻の高さの泡立草に

田中彼方 (簡単短歌「題詠だ」)
君の白い足に鼻緒のあと、赤く。 谷崎趣味がちょっと分かった。

佐山みはる (月待ち人の窓辺(題詠Blog))
目鼻立ち整ひしをとこ懐に黒皮かぼちゃまるまる抱けり

志井一 (日記ホプキンス)
鼻水のでる日でない日 天気より大事なものがこの世にはある

みち。 (滑空アルペジオ。)
涙など出ないし泣きたくもないしただ鼻の奥にのこる鈍痛

2012/05/27  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/991-6408657c

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。