らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


007:揺 より

さみしさになまえはなくて今きみの窓のむこうに揺れている花
飯田篤史 (ひこうき雲)

 全部を語らないところがとっても気になる歌。
 「君の窓のむこう」という表現が、リズムがとてもきれいなので読み流してしまってから、はて、作者の視点はどこ?という疑問が。意味を汲み取れば「きみの窓」ではなく、きみのむこう、窓の向こうということなんでしょう。
 さみしさの名前なんて考えもしなかった。あったとしたらどんな名前だろうね。人によって時によって全て違う名前があるたくさんのさみしいがあるんだろう。
 皆さん、詩人ですなぁ。
 (作者ブログが無くなっている為リンクなし)


以下、お好み選歌

作者名(作者ブログ名)
言うまでもなく著作権は作者に帰属する。


ねこまた@葛城 (ねこちぐら)
眼裏に小さき火影のほの揺れて異界の扉がゆるりと開く

西中眞二郎 (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
山男になりたる如き心地して高原列車の午後を揺られる

丹羽まゆみ (All my loving ♪)
笑ひごゑたかく響かせ翹揺(げんげ)田に少女は春のひかり編みをり

暮夜 宴 (青い蝶)
ひだり手の感情線がざわざわと揺れる気配にたじろぐ真昼

佐原みつる (あるいは歌をうたうのだろう)
灰皿に丸め置かれる便箋のひかりの中に揺れるさよなら

松本響 (春色ぶれす SIDE-D)
残された時間の中で僕達は何度世界を揺らせるのだろう

夜さり (夕さり夜さり)
ぷちぷちと脳細胞を潰しませうとはの眠りは揺り椅子のうへ

村本希理子 (きりころじっく)
目いつぱい葱をこまかく刻みをり揺籃期もつものの剣呑

宮田ふゆこ (キサラギウタ)
揺りかごのうたが歌えるカナリアを見つけるまではここにいるから

野田 薫 (さしあたり大丈夫)
輪郭を照らされたまま揺りかごのような気泡は終着駅へ

2006/09/14  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/99-7487141a

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。