らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


078:アンコール より

あらかじめ決められていたアンコールのようにはじまる未遂翌日
やすまる (やすまる)

 「未遂翌日」、すごいな。
 「あらかじめ決められて」いても、「アンコール」は本編ではない。あらかじめ決められていただけに付け足しのようだ。そんなふうに始まる未遂翌日。
 
 完遂していればありえなかった翌日。 やっぱり自殺未遂だよね。
 「のようにはじまる」とは言え、主体には死ぬつもりなど毛頭なかった、のではないか。そういう意味での「あらかじめ決められていたアンコール」。さらに、形式的とか儀礼的とか義務感といったニュアンスがあって、始まった未遂翌日が非常にしらけて感じられる。
 
 「病院で目を覚ましたら、家族や友人が見守っていた」的にも読めなくはないが、わたしには、周りの人間はだれも主体の未遂を知らず、主体は普通に登校なり出勤なりしている、ように思える。誰も自分の一大事なんぞ知らない、当たり前の日常として始まった一日(というかこれからの時間)が、主体には「付け足し」のごとくしらけて見える、そんな感じを受けた。
 
 未遂という経験をした、とはいえ、得るところは何もなかったのではないだろうか。そんな風に、どこまでもしらけて感じられた。
 (なんだか、救われない読みになっちゃったなぁ……orz)
 
追記

 この年参加した五首選会のコメントを振り返ると、ぜんぜん違う読みをしていた。
 ということは、しらけているのはワタシってこと……!?(およよ

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬省略


西中眞二郎 (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
アンコールするも一種の儀礼にて気もなき拍手続けておりぬ

夏実麦太朗 (麦太朗の題詠短歌)
お決まりのアンコール受けお決まりのオーバーオールでイルカあらわる

小早川忠義 (Just as I am Returns)
青春にアンコール無しトラックの左に曲る合図の聞こゆ

梅田啓子 (今日のうた)
アンコールワツトの巨木に塞がれる夢をみてゐた 歌ができない

新井蜜 (暗黒星雲)
アンコール聴かずに帰るパトカーが近づいてきて去っていく道

のびのび (のび短歌)
予定されたアンコールのため出し惜しみしているあの曲だけでいいのに

(七十路ばば独り言)
アンコールせがむ拍手を聞きながらデートの時間を気にするドラマー

髭彦 (雪の朝ぼくは突然歌いたくなった)
民の血を吸ひて赤きかクメールの地にぞ訪ねきアンコールワットを

虫武一俊 (無足場ワンダーランド)
まだ長い間奏の途中なんだからアンコールって言うな 帰るな

月原真幸 (さかむけのゆびきり。)
アンコールより本編を最初からやり直したいような人生

田中ましろ (ましたん)
アンコールされて身体が響きあう熱情ソナタ第三楽章

佐山みはる (月待ち人の窓辺(題詠Blog))
暗黙のルールのごとくアンコール乞ふ手拍子のたかまりてきつ

2012/02/12  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/961-4da3c28f

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。