らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


074:あとがき より

校庭の土も埃もしづめゆく九月の雨は夏のあとがき
鮎美 (Basso Continuo) (現在 「Continuo」)

 いちばん美しいと思った「あとがき」を一首選に。
 「九月の雨は夏のあとがき」、すてき。
 
 「校庭の土も埃もしづめゆく」のと同時に、夏の間の主体の高ぶった思いや、あるいは終わったのかも知れない恋なども静めていくのだろう。「九月の雨」によって主体の夏も、夏の間の出来事も終わったのだ、としみじみ思っている、そんな切なさ。
 そして今度は、秋が始まる。

 風景をさらっと詠んだだけなので、逆にそういう感傷を感じるのかもしれない。もちろん、「あとがき」という措辞には景色以上の含みがあるわけだが、それでも、ぐだぐだ心持ちを述べるより、こういう方が訴える力があるということだろう。
(自戒を込めて、メモメモ。といいつつ、作る時はとんじゃってるんだよね……^^;)

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬省略


tafots (1年で1000首をつくる)
あの夜はライトノベルのあとがきに救われたのだ 生きていけると

庭鳥 (庭鳥小屋へようこそ)
創作をしてみて分かるあとがきが思い入れだけ長くなること

船坂圭之介 (kei's anex room)
生ける世に未練これありあとがきのごとく附けたし”勝手放題”

龍庵 (ぶらつくらずべりい)
最初からあとがきを読むような恋 菜の花はただ静かに揺れる

五十嵐きよみ (NOMA-IGAオペラ日記)
あとがきの謝辞に連なる名の中にあなたと一字違いの学者

(nasi-no-hibi)
あとがきを食べて羊は旅に出るところどころで寄り道をして

こゆり (おかっぱ短歌)
早すぎたハッピーエンドのせいでまたあとがきのあとに記すお別れ

bubbles-goto (DRIBBLe HoUR)
船倉の鼠に寄せる友情を航海日誌のあとがきに記す

山田美弥 (miyabox)
妄想の歌集につけるあとがきをまた妄想して夜は更けゆく

ミナカミモト (Mercurous virgin Blog)
人生にあとがきはなく言の葉は名も無き花と墓をいろどる

田中ましろ (ましたん)
簡単なあとがきだけで締めくくり初恋は行方不明になった

春村 蓬 (風見鶏)
あとがきを最初に読んだ罰として隠れてしまふ修飾語たち

2012/02/11  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/953-5a2e8a21

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。