らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


071:褪 より

紫陽花に色の濃き群れ淡きむれありて等しく褪せてゆきたり
鮎美 (Basso Continuo) (現在「Continuo」)

 あじさいは同じ株でも花に濃淡がある。ましていくつもの株が群れになっていれば、「濃き群れ淡きむれ」ということになるだろう。一斉に咲くわけじゃなく前後しているから濃くなっていくのも時差があると思うが、なんとなく花のピークというのがあるような気がする。ピークを過ぎると濃くなりきっていないものも「等しく褪せて」いくのかなぁ、とそんなふうに読んだ。
 実際は、同じ株でもやっぱり先に咲いたものは先に枯れ始めたと思ったが、あじさいは枯れても散らないので、セピアのように枯れたものが混ざると、まだ色味のある花まで褪せて見えるということかもしれない。そういう意味で、最初の花が枯れる前がピークなのかも。
 あじさいの名所のお寺などは、見苦しくならないよう枯れた花房はその都度摘むんじゃないかな。

追記
 鳥羽さんの「一首を切り裂く」 を読んで、あ、そうかと思いました。(鈍いね、どーも^^;

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬省略
リンダ (題詠ブログ2010 ひなたdeリンダ)
褪せるとは忘れることと違うらしまだら模様の心もてあます

邑井りるる (山茶花街道)
褪色の進むアルバム 母七つ自慢げに持つ毬と羽子板

鳥羽省三 (臆病なビーズ刺繍)
色褪せたままで召すのは侘しいが三度纏ったウェディングドレス

氷吹郎女 (空蝉乃歌屑)
その話題には触れるなと沈黙の視線の色が蒼褪めてゆく

野州 (易熱易冷~ねっしやすくさめやすく、短歌編)
それはもう思ひ出のやうに褪せてゆく紫色のぼくらの未来

ふうせん (575番地)
情熱も褪め果てた頃一枚の写真にふっと甦る色

(七十路ばば独り言)
色香褪せうらぶれた女が唄う歌キーの低さが落魄の証

五十嵐きよみ (NOMA-IGAオペラ日記)
色褪せたシャツを着こなす人といて真新しさが恥ずかしくなる

青木健一 (空想的平和主義者)
褪せたまま四畳半にいることは君の目指した東京なのか

斉藤そよ (はなやかなみず)
ともすれば空気も読める翻訳機「色褪せた嘘」と訳されている

詩月めぐ (かじられちゃったお月様)
もう四年経ったんですね 色褪せた好きがちょっぴり懐かしい夜

小倉るい (たんぽぽの歌)
町役場の屋根の日の丸赤褪せてライスセンター竣工ま近

ミナカミモト (Mercurous virgin Blog)
なにものであるかを失くし少女期は褪せた詩集へ織り込まれゆく

r!eco (プリズム)
色褪せない想い出なんて欲しくない君といっしょに古くなりたい

青山みのり (わざとじゃないもん!)
なれそめを今さら語れといわれても色褪せている夕焼け小焼け

2012/02/06  | trackback(0) | comment(2)


Comment

お気楽堂さん、初めまして。
歌を取り上げてくださって、ありがとうございます。

紫陽花の特徴に注目して読んでいただけて、とても嬉しいです。
紫陽花は初夏に朽ちたきり、散るでもなく、落ちるでもなく。
その盛りが美しいだけに、旬を過ぎた姿を晒し続ける様子は
なんとも言えないものです。

詠んでから時間が経った分、
慌ただしく100題に挑んでいた頃とはまた違った気持ちで
歌を眺めることができ、嬉しく思います。
皆様の歌への鑑賞も楽しく拝見しています♪
鮎美 URL | 2012.02.07 | edit?
鮎美さん、いらっしゃいませ。
すっかり周回遅れの鑑賞でお恥ずかしい次第ですが、そう言っていただくと嬉しいです♪

しょぼい鉢植えですが、私もあじさいを育てているので、この「褪せてゆきたり」は実感として読みました。

すてきな歌をありがとうございました。
またお暇なときにお寄りください。
お気楽堂 URL | 2012.02.08 | edit?

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/947-4d0e8292

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。