らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


069:島 より

 現代に詠む短歌に枕詞を詠み込むのは、簡単ではない。
 ということで、今回は久しぶりのコラボ。

あきつ島千種のこころふりゆけどやまとことのは絶ゆるものかは
周凍 (混沌と言語)

秋津島やまとの行方見つめゐる阿修羅の纏ふ千年の闇
今泉洋子 (sironeko)

 一応知識として用法を理解していれば使えるとはいえ。
 お二方の歌のように出来なければ止しといたほうが身のためなのでござる。(自戒)
 
 周東さんの歌はやまとが直後ではないけれど、
 
   あきつ島 (千種のこころふりゆけど) やまとことのは絶ゆるものかは
 
 という造りと読んだ。(実はそのカッコ内が読み切れてないんですが……^^;)
 「やまとことのは絶ゆるものかは」というのは、たとえ和歌とは違う現代短歌であっても歌詠みならば同じ気持ちと思う。多分「千種のこころふりゆけど」はそういう変遷のことだと思うんだよね。
 
 今泉さんの歌はもう、頭から尻尾まで大和!!あの阿修羅ですからね。「千年の闇」は激しく厳しく冷たく温かい、なんというか、そういう印象。実物を見ていないので偉そうなこと言えませんが^^;
 
 ああ、京都行きたい。 (そこは奈良やろー!!怒(ーー;)

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬省略


揚巻 (揚巻の「題詠blog」)
此処でない何処ならいいと鞭打たれ満願成就して島流し

鮎美 (Basso Continuo)
草踏みて苔踏みて羊歯踏みてゆくみづの満ちたるみどりの島を

富田林薫 (カツオくんは永遠の小学生。)
玄関に南海の孤島が現れてどうしても僕と友達になりたがる

市川周 (ミルミルを飲みながら)
かなかなと美しからぬ島で鳴く(沈んでしまえ本州・四国)

(nasi-no-hibi)
島根には真ん中がなく両端を結んで海にリボンを描く

南葦太 (「謙虚」という字を書けぬほど)
かつて島だった僕らと明後日に流されてったボトルメールと

穂ノ木芽央 (白紙委任状)
としまえんは豊島区でなく練馬区に在るんだそんな顔しないで呉れ

ウクレレ (ポケット短歌。-ウクレレ式短歌blog-)
3日間取り付く島がないけれど灯台だけは消さないでよね

bubbles-goto (DRIBBLe HoUR)
マネキンにコートの袖を通す日は高島屋から咲く冬薔薇

ひぐらしひなつ (エデンの廃園)
わたくしの裸体に触れて半島を撫でる波へと還るてのひら

こなつ (結い真柄(ゆいまがら))
草原のひなたのような糸を編む まだ見ぬアラン諸島の模様

(のびたんか?)
島へ行く船が出るから手を振ってどこの島かは聞かないでいて

冥亭 (《冥亭倶楽部》a darkside on the earth)
正義とはかくも容易く成るものかヴァレリア島におこる勝ち鬨

宵月冴音 (銀星亭~Villa Argentee D'Etoile~)
寄せ返す波が全てを許します目を閉じて聞く遠き島歌

竹中 えん (Milk Thistle)
あかときが産声をあげ満ちてゆくいのちの単位としての屋久島

2012/01/30  | trackback(0) | comment(4)


Comment

お気楽堂様
 ご無沙汰いたしております。
拙作をとりあげていただき、ありがとうございます。
福岡の九州国立博物館で拝見いたしました。思いのほかにスリムで、ただ照明が暗かったので、「千年の闇」としました。腕が細くてうらやましかったです。身にあまる評をいただきありがとうございます。

今泉洋子 URL | 2012.02.01 | edit?
今泉さん、いらっしゃいませ。
なるほど、出張阿修羅をご覧になったんですね。
私もトーハクに来た時行きたかったんですが、行列のニュースで尻込みしました。
阿修羅像がユニセックスっぽい感じなのは、スリムな作りのせいもありますね。でも、人間はあの細さではちょっと困るですよ^^;

また、お暇なときにお寄りください。
すてきな歌をありがとうございました。
お気楽堂 URL | 2012.02.04 | edit?
お気楽堂さま

拙歌を取り上げて下さっただけでなく、今泉洋子さまとともに並べて頂けるとは、まことに光栄の至りです。仰せの通り、枕詞は千年の時空に足をかけられるような気がして・・・折に触れ、使うよう心がけています。
本当にうれしい評です、ありがとうございました。

p.s.
題詠blog2011に参加したものの、途中棄権。その後blogも放置状態でしたので、トラックバックに気が付きませず、申し訳ありませんでした。
周凍 URL | 2012.05.28 | edit?
周凍さん、いらっしゃいませ。
ご覧いただき、ありがとうございます。
こちらこそ周回遅れの鑑賞でスミマセン。
今ではブログがなくなっている方も多々ありまして、とりあえず、トラックバックが送れるところには送っております。

すてきな歌をありがとうございました。
お気楽堂 URL | 2012.05.30 | edit?

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/943-7338663c

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。