らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


068:秋刀魚 より

「秋刀魚焼く七輪」既にイコンなりおとこやもめの苦きはらわた
冥亭 (《冥亭倶楽部》 the snow-ball planet)  

イコン
 イエス・キリスト、聖人、天使、聖書における重要出来事やたとえ話、教会史上の出来事を画いた画像(多くは平面)である。正教会では聖像とも呼ぶ。
 正教会においてイコンとは、単なる聖堂の装飾や奉神礼の道具ではなく、正教徒が祈り、口付けする、聖なるものである。但し信仰の対象となるのはイコンそのものではなく、イコンに画かれた原像である。(ウィキペディアより)


 ということで(なにが^^?
 もはや、「秋刀魚焼く七輪」は崇拝の対象なのだった。(え
 おとこやもめの暮らしになぞある筈もなく。
 
 この歌を読んで、七輪で焼くとはらわたがうまいのかなぁとふと思ったりした。
 まぁ、秋刀魚が美味いことが前提かも知れませんが。
 (基本、はらわたを残すお気楽堂は、美味い秋刀魚を食っていないのかも^^;)

 とにかく!
 秋刀魚からイコンが出てくる時点で降参!なのだ。
 それにしても、冥亭さんはキリスト教関連に強いですな~。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬省略


小早川忠義 (Just as I am Returns)
秋刀魚にも腸ありて街を行く男の腹にはみ出たるゴム

minto (@100@)
秋刀魚焼く匂ひ嗅ぎつつ帰る道五時に流れる「家路」聞きつつ

詩月めぐ (かじられちゃったお月様)
秋刀魚には大根おろしが合うように きみにはぼくが合えばいいのに

龍庵 (題詠blog2009 龍庵)
あまりにもきれいに秋刀魚食べるからやっぱり猫であったと思う

井手蜂子 (蜂歌/Hello,Mr.Darkness.)
店先に秋刀魚が並ぶおかあさん東京にだって四季はあります

(七十路ばば独り言)
背徳の愛の苦みはありません夫と二人食す秋刀魚に

富田林薫 (カツオくんは永遠の小学生。)
なにか大切なものを忘れさる前にもういちど七輪で焼く秋刀魚

五十嵐きよみ (NOMA-IGAオペラ日記)
骨だけをきれいに残せた日に限りサンマを「秋刀魚」に昇格させる

天鈿女聖 (うずめの花ビラ)
焼きすぎた秋刀魚のようにタイミング逃し続けた結果がこれだ

ほたる (ほたるノオト)
日の暮れは茜の空とヒグラシと秋刀魚の焼けるにおいが合図

こゆり (おかっぱ短歌)
待つ人があるふりをして買う秋刀魚そろそろ夜が寒くなります

暮夜 宴 (青い蝶)
悪ぶってみても育ちのよさくらい秋刀魚の食べ方ひとつでわかる

穂ノ木芽央 (白紙委任状)
中島のじいさん家(ち)からこの秋の秋刀魚の匂ひがまだしてゐないよ

(短歌のなぎさ)
気がつけばまた秋でした食卓に旬の秋刀魚を二匹並べて

2012/01/15  | trackback(0) | comment(3)


Comment

本年もどーぞよろしく!^^♪
とゆーか、昨年は俳句百題やり逃げですんませんでした~~~^^;

「イコン」はロシア正教で、特に欠かせない「聖画」
何の映画だったか、ラストシーンでオマー・シャリフ演ずる老人が
臨終の際、それが小舟で逃走する道半ばだったので、
イコンを掲げて臨時ミサをしに来る神父がボートで寄って来る様子が
スローモーションになって・・・END

とゆーのが、頭の隅にあったのかも知れません。
ちなみに、「イコン」を英語読みすると「アイコン」・・・
そぉっ!(どぉ?)ゲームやネットで不可欠の「絵文字」「記号」

「をとこやもめ」は既に「絵文字」なんで、はらわたが苦いんです★
冥亭 URL | 2012.01.29 | edit?
冥亭さん、いらっしゃ~い!
締切後も完走めざしてエライ! あと10題がんばって。

ぐぐってみました。
これじゃない? 見たことないけど^^;

「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」
http://www.cinematoday.jp/movie/T0001980

そうか、七輪どころか、男やもめもイコンなのか……
って、なんかコメントがピント外れでゴメンネ。

すてきな歌をありがとうございました。
お気楽堂 URL | 2012.01.30 | edit?
お気楽さんへ

残念ながら映画はそれではないです。
アンジェイ・ワイダ…だったかなぁ、
タルコフスキーはもう居なかったし…な時代の。

あっ!・・・思い出したっ!「ワイダの『悪霊』」だっ!!!
確か原作があったハズだ、と思ったワイ・・・
(こーやって、手を動かしてる間に脳が活性化して、
シワの隙間からポロッとん十年前の記憶が出て来るもんだ…)

今年も相変らずだと思いますが、よろしくです^^♪
冥亭 URL | 2012.02.03 | edit?

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/940-0692c8c3

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。