らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


066:雛 より

雛衣を繕う叔母のうなじから胡乱な花が咲いております
村上きわみ (北緯43度)

 怖いんですけど~^^;
 胡乱という言葉の威力と言うかなんというか。最初は、「般若を思わせる鬼気迫る雰囲気」的な読みだったが、「頭の中に春が来たような脳天気な躁状態」ではなかろうか?「咲いております」というのんきな結句からゴキゲンな状態の方が似合っている気がする。

 雛衣を繕いながらルンルンしている叔母さん。
 雛人形の手入れということから、子供を授かったとか、そういうおめでたい話だろうはずなんだけど、どうもね、うなじから咲いているというのが、なんか「女」を感じさせるのよねん。
 秘密のツバメでもできたのかしらん?
 (不謹慎な読みで申し訳ありません^^;

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


陸王 (Always Walking with Yu)
雛壇の二段目という束の間の平和を守る五人の戦士

梅田啓子 (今日のうた)
アラビアの砂漠に暮らすをみなごにせめて雛(ひひな)のカード送らむ

周凍 (混沌と言語)
つばくろや軒端にはやき影冴えてひときは高し雛の鳴くこゑ

理阿弥 (車止めピロー)
雛たちを可不可可不可と選り分くる荻窪ビルの五階は狭し

鳥羽省三 (臆病なビーズ刺繍)
雛酒に酔ひしふりして膝枕しけるが事の始めなりけり

(七十路ばば独り言)
吊し雛衣(きぬ)の色香の褪せたるが伊豆の浜辺の風にゆらゆら

五十嵐きよみ (NOMA-IGAオペラ日記)
見目のよい囃子のひとりを競い合い雌雛も官女も髪ふりみだす

じゃこ (むしことば)
好きな食べ物を聞かれて雛鳥と答えて以来メールが来ない

すいこ (ひろわれるもの)
空も地も知らぬ雛鳥夢を見る勇気が巣から溢れる日まで

久哲 (久哲の適当緑化計画。)
よく見れば制御不能なスナフキンタイプの雛と判別できる

豆野ふく (それゆけ!だいふくもち)
夏はいつも独りぼっちで始まるの オレンジ色の雛罌粟の花

ひぐらしひなつ (エデンの廃園)
手放せば揺れつつ川をゆく雛の黄昏までを見守っていた

イノユキエ (十月堂)
ひおうぎを女雛の手よりはずしやる白い手しばし掴みたそうな

冥亭 (《冥亭倶楽部》a darkside on the earth)
雛鳥は母を呼びたり母は未だ水面に映る父を呼びたり

田中ましろ (ましたん)
蜃気楼と夢は似ている 嘆きつついま雛鳥が巣立っていった

越冬こあら (犬の居た部屋)
静まりし部屋に仄かな雪洞と母なるものの満つ雛の夜

竹中 えん (Milk Thistle)
雛壇にかそけき冬のひかり射し女雛男雛は影も寄り添う

2011/12/23  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/936-e3e8044a

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。