らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


064:宮 より

誠実か不実かはもう、分からない ただ駆け上がる宮さんの段
ノサカ レイ (のーずのーず) 

 道ならぬ恋、第2弾~!!
 お宮さんで待ち合わせてるなんて、江戸時代かっ!(おぃ
 いや、田舎だと人の眼がないところってこういうとこしかないのよ、多分。
 
 もう理性も吹っ飛んだ段階だから、後は……誠実なら幸せ、不実なら地獄。
 田舎だとね、怖いよ。
 えー、あくまでも勝手読みです^^;(そればっかり
 

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬省略


西中眞二郎 (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
若き日に弥勒に会いし中宮寺 夏の畳はひんやりとして

西野明日香 (水の中のASIAへ(短歌な毎日))
ひとり来て暮れゆく春を見届けむ四条大宮烏丸あたり

井手蜂子 (蜂歌/Hello,Mr.Darkness.)
死すべきか永らふべきか問ふことも知らず餌を摘む後宮の鳩

春待 (三感四音)
今月も子宮は空になっていく私は卵を一つ失う

イマイ (ゆびおり短歌)
「宇都宮」と書くことに慣れ三枚の淡い色した切手をなめる

村木美月 (うたりずむ)
迷宮のような苦しい恋でした出口がなくてもう時間切れ

市川周 (ミルミルを飲みながら)
眼窩からこぼれる砂の音を聴く子宮をもたぬアナタとワタシ

櫻井ひなた (ひなごと☆23→24)
テント以上宮殿未満のワンルームしっくりこないMサイズピザ

音波 (短歌のなぎさ)
神宮のレフトスタンド 野手たちの馬鹿馬鹿しさに捧げるビール

本田鈴雨 (鈴雨日記)
みづからの意味をとりもどさうとして薔薇色に咲くあまたの子宮

ワンコ山田 (歩道を走る自転車のこども)
女って自覚は染色体レベル子宮はなにもかんがえてない

ezmi (語りえぬことを。)
いまもまだ会える気がして終点を確かめている宇都宮線

田中彼方 (簡単短歌「題詠だ」)
コブクロをこりこりと喰う。 さしむかう君の子宮を思いつつ喰う。

kei (シプレノート)
団欒をしいんと聞いている守宮(やもり)深まってゆく秋のベランダ

佐山みはる (月待ち人の窓辺(題詠Blog))
迷宮に遊ぶここちにフィッシャー展出てあぢきなしビルのあはひは

青山みのり (わざとじゃないもん!)
竜宮へかえらぬままの亀を飼い今年もひとつまた年をとる

星川郁乃 (Air Station)
あきらめのつかない愛を閉じ込める殯宮(もがりのみや)を思い出と呼ぶ

2011/12/10  | trackback(0) | comment(2)


Comment

忘れかけていたものをここにみることができました。
歌にして残すことの意味を思い出すことができました。
思い出深い四条大宮烏丸あたり。暖かくなる頃に歩いてみたいと思います。
選歌をありがとうございました。
どうぞ良いお年を~
西野明日香 URL | 2011.12.10 | edit?
西野さん、いらっしゃいませ。
周回遅れの鑑賞も、そう言っていただくと意味があるのかなと思えます。
地名の威力というのもありますが、「暮れゆく春を見届けむ」という措辞が好きです。

すてきな歌をありがとうございました。
お気楽堂 URL | 2011.12.13 | edit?

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/931-1d42442a

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。