らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


006:自転車 より

翼竜の死に絶へしのち自転車は折り畳まれてロッカーにある
村本希理子 (きりころじっく)

 うって変わってこのお題は詩的なものばかり選んだ。
 身近なものだから逆に非現実的なイメージを喚起するのかなぁ。
 ロッカーに仕舞い込まれた自転車、心の不自由のイメージかしら。誰が折り畳んで入れたかの解釈によって変わってくるが(自分で不自由を選んでいるという風にもとれる)、いずれにしてもこの歌は「翼竜」で輝きを得て、不自由を詠いながら空を飛んでいるようだ。

以下、お好み選歌

作者名(作者ブログ名)
言うまでもなく著作権は作者に帰属する。


中村成志 (はいほー通信 短歌編)
自転車に権兵衛坂を登らせて今夜私は風を吹きます

小軌みつき (小軌みつき-つれづれ日和-)
向かい風小径をぬける自転車にきっと見えないたてがみがある

水沢遊美 (ふんわりんさまの想ひ人)
君の背を小さくつかみ自転車の荷台にすわる完熟トマト

暮夜 宴 (青い蝶)
3月の虹を探しに行くときは自転車だって立ちこぎのまま

水須ゆき子 (ぽっぽぶろぐ。)
みずからの影を轢きつつ自転車の少年ななめに校庭を裂く

謎彦 (ジャポン玉)
髭くぢら御するがごとし子爵家をよろめき出づる巨き自転車

五十嵐きよみ (ドン・ジョヴァンニはアリアを歌わない)
自転車の鍵をほうって缶ビール買ってくるよう僕に命じる

きじとら猫 (きじとら小部屋)
自転車の後輪脇のフレームにあの日の嘘が隠されている

田丸まひる (ほおずり練習帳。)
自転車の後ろに乗せるひとがもうわたしではなくなって花冷え

くろ (鎌倉日記)
自転車屋すぎて飛べとぞつぶやけり始祖鳥のごと骨組み吊られ

夜さり (夕さり夜さり)
ふたり乗り自転車が夜を天翔るスピルバーグと月の黙契

あおゆき (メソトリウム)
液晶化していく日々を欲望の自転車ぎりぎり漕いで、振り切れ

animoy2 (~うたよみ日記(短歌とともに)~)
自転車をこげばわき立つ風ひとつ さらっておくれ文句は言わぬ

福々屋大福 (20世紀とラックバック)
自転車のカゴでころがるカルピスがはじけ始める君との温度

我妻俊樹 (喜劇 眼の前旅館)
自転車で寝てしまう 春の看板が広告主を募集している

神川紫之 (圏外圏)
ありふれない一日だった 自転車にいやに棲みつくきのうを剥がす

野田 薫 (さしあたり大丈夫)
自転車の部品で夏を組み立てて全ての車輪は海辺を目指す

2006/09/13  | trackback(0) | comment(2)


Comment

自転車の歌をはじめ、いくつもの歌を取り上げてくださって、ありがとうございました。
自転車の歌、自分でも、気にいっていたので、ほんとにうれしいです。
鑑賞は自ら詠むことの何倍も大変な作業だと思いますが、どうぞ、がんばって続けてくださいね。
また、拝見させていただきます。
村本希理子 URL | 2006.10.03 | edit?
 村本さん、いらっしゃいませ。
 村本さんの歌は感情的過ぎず、シュールすぎず、老成しすぎず、幼すぎず、本当に程よいバランスで素晴らしい詩になっていると思います。どの題の歌も捨て難くて。
 勝手読みでこんな感想になりまして、恐れ入ります。すてきな歌をありがとうございました。
お気楽堂 URL | 2006.10.04 | edit?

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/93-3869ac07

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。