らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


062:坂 より

逢坂は爪先あがりわたくしの色づくものが喘いでのぼる
八朔 (I am still here ... われひとりゐて)

 色っぽ~い!!
 もうこれは絶対道ならぬ恋よね~。なんかそういう背徳の匂い。
 つか、その方がより色っぽいからお気楽堂好みなのねん^^;
 歌枕にもある逢坂山は実際の地名だけど、この歌ではそういうの抜きで(おぃ^^; もう逢瀬のために登る坂と勝手読みしたい。
 
 それでもって、背徳なんだから「帰りは怖い」。
 どんな心境で下っていくのやら。
 (えー、あくまで勝手読みです^^;)

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


西中眞二郎 (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
自転車のペダルいささか重ければこの道少し上り坂らし

森山あかり (言葉の花かご)
ないことは形にならず来し方を顧みている坂の途中で

わだたかし (ファミレス短歌)
落ち込んだ帰り道には転がれるくらいの坂があればいいのに

原田 町 (カトレア日記)
今年また定家葛の咲く坂を訪ね来たれりきみ在らなくに

冥亭 (《冥亭倶楽部》 the snow-ball planet)
白蛇を祀る祠が坂道のド真ん中なりかつて大坂(おおざか)

虫武一俊 (無足場ワンダーランド)
くだり坂ばっかりだったはずなのにのぼってきたみたいにくるしい

佐藤羽美 (hinautamemo)
ぼんやりと影絵のような夕暮れの坂に佇む関口巽

月下燕 (a swallow under the moonlight)
ぬばたまの夢からさめたら坂の途中 上るんだったか下るんだったか

みなと (海馬)
子規逝ける三巻にてぞ読み捨てき果てはいくさの『坂の上の雲』

ほたる (ほたるノオト)
坂道で落としたリンゴ 手を離す赤い風船 あるいはあなた

市川周 (ミルミルを飲みながら)
さらちさらち何がそこにはあったのか思い出せずにのぼる坂みち

ワンコ山田 (歩道を走る自転車のこども)
のぼれない坂道がある嗅覚がびんかんすぎてすくむ右足 

佐山みはる (月待ち人の窓辺(題詠Blog))
坂のぼり坂くだりしてけふも暮れひきつれしわが影をととのふ

笹本奈緒 (ニダンカイサセツ)
フランスパン抱えのぼればオレンジが転がってくるありきたり坂

2011/11/20  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/927-d979626b

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。