らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


056:枯 より

何にかはわからないけど負けているかもしれない平成枯れすすき
古屋賢一 (燦獣イチオン)

 「平成枯れすすき」かぁ。
 平成生まれと、物心ついた頃には平成という世代も含めるべきか。
 「昭和枯れすすき」は、「貧しさに負けた いいえ世間に負けた」わけだが、平成だと何に負けているか分からないという。「かもしれない」だから自覚とすら言えない。
 生まれた時から不景気だった世代にとって、負けるというより、「勝つ」という意識というか意義が存在しないのか。受験やら就活やら、競争はやたら激しいのに、勝ち抜いた先に夢も希望も見いだせない。みんな、いやいや勝負のスタートラインに立っているような、そういう状況なのかもしれない。
 そういう意味では、はじめから負けていると言えなくもない。
 いや、そもそも、昭和育ちの私だって、何を持って勝ち負けというのか、わかんないけど。

 この歌を読んだ時、
 

 口々にわたしが昭和枯れすすき  (佐山哲郎「娑婆娑婆」より)

 
という句を連想したが、私はこの「昭和枯れすすき」にも入らない世代だと思う。貧乏ったって何不自由なく育ててもらった世代。たぶん、この歌の主体の親がだいたい私と同じ世代になるんじゃないかと思う。主体の言うところの、「平成枯れすすき」には当然入らないが、生まれも育ちも昭和なのに「昭和枯れすすき」でもない世代。
 主体を含む子供の世代にこの歌のような思いをさせるのは、何の疑問もなく点取合戦してきて、バブルも経験して、不景気にもして、デモの一つも起こさない、のんべんだらりな私の世代の責任かもしれない。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬省略


西中眞二郎 (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
枯れ枝も明るき冬の風情なりて公園の陽の背に温かし

菅野さやか (あの夏飛行機が落ちるまでずっと)
枯れるまで搾りだしてもまだここに執念だけが残っています

船坂圭之介 (kei's anex room)
汗ばむといふこと遂に無くなりて腎死すわが身枯れゆくままに

陸王 (Always Walking with Yu)
最後まで残されたサボテンも枯れ棘が生ゴミ袋を破る

周凍 (混沌と言語)
枯れ果つる刈萱分けて乱るるは風にも紛ふわが身なるらむ

鮎美 (Basso Continuo)
呻きつつ枯れゆく草があるならばそれに水遣ることはなからう

酒井景二朗 (F.S.D.)
木枯らしを栞代はりに讀む本で今二人目が死んだところだ

桑原憂太郎 (憂太郎の短歌Blog)
教室に枯れてしまつた鉢植えを残して教師は休職となる

今泉洋子 (sironeko)
こころの眼ひらきみえざる物をみる歌の泉を枯らさぬやうに

伊倉ほたる (ほたるノオト)
生温い水に首まで浸けられて蕾のままで枯れてゆく薔薇

清次郎 (Conical flask)
枯れもせず実りもせずに十月の胡瓜は幽かに黄色く燈る

藤野唯 (Sugarmint)
あなたには水やりの義務はないのだし枯れてゆくのを見られたくない

片秀 (うつしよはゆめ よるのゆめこそまこと)
木枯らしも近頃吹かなくなりました。単語が絶滅寸前なので。

田中ましろ (ましたん)
改札の前で言葉は枯れはてて無言で振った手があかぎれる

2011/09/07  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/916-93068529

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。