らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


047:蒸 より

思い出も遺伝するのか懐かしい知らないはずの蒸気機関車
片秀 (うつしよはゆめ よるのゆめこそまこと)

 そんなはずはないですけど……^^;
 脳内シミュレーションですわ。でも、そう言われると確かに、見たことも乗ったこともないのにSLと聞けば懐かしい気がする。
 それより、「思い出も遺伝するのか」ってそっちの発想の方がスゴイよ。普通そうは考えないでしょ。
 
 別の案として、思い出の遺伝じゃなくて自分の前世の記憶っていうのは?
 「陸蒸気」の時代に人間だったら、高確率で乗っていたんじゃないかしらん?
 (ま、それもまた、ヘンな話ではある……^^;

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


伊藤夏人 (やわらかいと納豆2010)
順調に進み出したらお互いの欠点などを蒸し返そうね

子帆 (ことばのくに)
不純物だらけですので今はまだ蒸発できそうにありません

はこべ (梅の咲くころから)
青葉する山の駅から見下ろせば蒸気機関車煙ひきおり

砂乃 (通過列車)
竹ひごを蒸気に当ててたわませてすいすいと義母は竹籠を編む

鳥羽省三 (臆病なビーズ刺繍)
岡蒸気と洒落る人などまだ居りて市電が走る泉州堺

ふうせん (575番地)
感情の仕組みのようで面白い 蒸気の果ての滴だけれど

五十嵐きよみ (NOMA-IGAオペラ日記)
窓という窓の向こうに寝乱れた家族がいそうな蒸し暑い夜

市川周 (ミルミルを飲みながら)
おととしの全裸の件を蒸し返す(アナログ波でみる最後のニュース)

ちょろ玉 (ちょろ玉のコトダマラソン)
あの頃の俺は蒸発したのかも 約7割が水だったから

村木美月 (うたりずむ)
灼熱の想いはいつか沸点を超えて蒸気となりゆくでしょう

壬生キヨム (ぼくはこんなことが好き。)
味方だと思っていたの? 水蒸気だってあなたを傷つけもする

振戸りく (夢のまた夢)
透明な蒸留酒からはじまって琥珀色まできたところです

ウクレレ (ポケット短歌。-ウクレレ式短歌blog-)
ひからびた恋を蒸し器にかけてみて君の笑顔をふんわりさせる

村上きわみ (北緯43度)
ふゆやさい蒸しております。泣くほどのことではないと思っています。

久野はすみ (ぺんぺん100%)
理髪店に蒸しタオルの匂い満ちている幸福はわりとあっさり終わる

2011/06/25  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/898-df974fba

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。