らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


039:広 より

六畳の特徴として六畳のわりに広いと感じてしまう
志井一 (日記ホプキンス)

 シニカル、かつコミカル。
 ホンマかいな、と思いつつ、なるほど、とも思う。
 例えば、賃貸などで物件を下見した時、なにもない空間は案外狭く見えるのに、暮らし始めると、さんざんモノを詰め込んだにしては広いじゃないのと思うものである。さらに、長年住んだ部屋を引っ越すとき、すべて運びだした後の空っぽの部屋は、最初と違って広く見えるのが、不思議というか当然というか。
 こういう感覚は、広さに関わらずあるだろうけど、特に、六畳一間のアパートにぴったりの感覚ではないかしらん。「四畳半のわりに広い」とは思わなそうだし、八畳より広ければ、「~のわりに広い」のではなく、すでに十分広いと思う。
 「六畳の特徴」、言い得て妙である。
 和室の、というか、日本の住環境としての基本が「六畳」なのかもしれないなぁ。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬省略


夏実麦太朗 (麦太朗の題詠短歌)
左手の中にすっぽり納まった広辞苑引くピピと右手で

ウクレレ (十線譜)
「2本目の結婚線は君のため」そんな広にだまされてみる

久哲 (久哲の適当緑化計画。)
手を繋ぐことで失う どの空もこんなに広いことがおかしい

水口涼子 (FANTASIA )
広場には馬蹄隊形とりながらカブスカウトが集う日曜

髭彦 (雪の朝ぼくは突然歌いたくなった)
一茎の葦にしあれど天地(あめつち)の広大無辺われら知りける

中村成志 (はいほー通信 短歌編)
突っ伏せるだけの広さがあればいい個室の中はまだ午前2時

沼尻つた子 (つたいあるけ)
たたむまできっちりなさるおつもりで大風呂敷をどうぞ広げて

五十嵐きよみ (NOMA-IGAオペラ日記)
そのむかし世界はもっと単純で広げた両手で語れたものを

月下燕 (a swallow under the moonlight)
言い訳が必要ですかこの広い五月の空の下の二人に

ほたる (ほたるノオト)
許される範囲は広いほうがいい 赤い付箋は少なくていい

みぎわ (たづたづし)
平成のお蔦主税がそぞろゆく上野広小路 夜が屯する

こゆり (おかっぱ短歌)
秘密基地にするには広い二人暮らしするには狭い まだいかないで

駒沢直 (題詠blog参加用。)
革命の熱のにおいも知らないで佇む広場 手のみ汗ばむ

扱丈博 (取扱)
拳銃を握ったこともない右手 ただ歩くには広すぎる街

詠時 (短歌の花道)
【クレーマー】【モラルハザード】続々と広辞苑から【カミングアウト】す

冬鳥 (ことのはうた)
最終のバスを降りれば広場はもう 海をむかえている石畳

寺田ゆたか (永訣のうた)
妻逝きて遺品の整理始むれば広くなりゆく孤り居の家

みち。 (滑空アルペジオ。)
傷口を広げるようなことばかり続いたらいい 不幸がぬるい

2011/05/08  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/880-58d6c307

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。