らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


037:奥 より

束縛の快楽を知りてひそやかに奥付に押す朱き印鑑
久野はすみ (ぺんぺん100%)

 「束縛の快楽」が一読ではぴんと来なかった。
 奥付の印鑑といえば検印で、これは印税をごまかさないよう作者が冊数を確認するもの、だそうである。
 そこで「束縛」。
 著者として検印を押すことで、押されていないものは私の認めるところにあらず、と、これが「束縛」の印なのだという意味かなぁ、とぼんやり思った。そして、その権限は著者だけに与えられるものであり、著者としての喜びを感じている。
 んん……「束縛の快楽」という措辞にピタっと来ない気がする。

 あちこちググることしばし。
 突然に、ああ~!!と思ったのだった。
 蔵書印があるじゃん!!
 これなら「束縛」そのもので、しかも「快楽」である。
 主体は篆刻などのすてきなハンコを手に入れて、にまにましながら蔵書に押しているのだ。
 
 最初に思いつかなかったのは、「奥付」のせいだ。
 詳しくは知らないが、蔵書印て表紙の裏とかが多くないか?あとは、奥付のとなりのページとか、裏表紙の裏とか。でも、奥付に押すこともあるらしい。
 まぁ、この歌はお題が「奥」だからということにしておこう。(おぃ
 はー、すっきりした。

 奥付のサイト  臥龍書院 奥付の部屋
 国立国会図書館のサイトから。  蔵書印の世界

 参考までに。
 見ると自分も欲しくなるなぁ。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬省略


アンタレス (思い出ずるままに)
奥深き歌の心を知りたれば軽ろき歌にも真意をさがす

富田林薫 (カツオくんは永遠の小学生。)
三月の本棚の奥に取り出して欲しそうな薄桃色の背表紙

コバライチ*キコ (ペーパードリーム)
引き出しの奥にひっそり眠りいし友の手紙と十五の春と

梅田啓子 (今日のうた)
月の出ぬ山奥の夜はさびしかろ山桜のころ逝きてふたとせ

水絵 (桜舞)
孫に手を引かれて辿る奥の院 はるか石鎚霊峰の見ゆ

ましを (はいいろのおもちゃ)
奥歯より奥をくすぐる わたしでも知らない肉をあなたは味わう

酒井景二朗 (F.S.D.)
本棚の奧は墓場だ青春の愚かな罪が眠り續ける

櫻井ひなた (ひなごと☆24→25)
あまりにも平和な午後はセールスと電話片手に奥様ごっこ

こゆり (おかっぱ短歌)
性悪な女でいいわ奥歯まできれいにみがいて待つドアチャイム

桑原憂太郎 (憂太郎の短歌Blog)
君たちの希望がかなふ奥の手はこの教室にあるわけがない

おっ (だいえいの短歌専門店)
スポンジが奥の汚れに届かないだけでイライラする夜もある

小林ちい (ゆれる残像)
メールから君があふれて来るようで画面の奥を見つめてしまう

田中ましろ (ましたん)
山奥にひとりで住んで遠吠えのように愛してましたと叫ぶ

2011/05/06  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/877-5882a596

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。