らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


031:SF より

亡びたるかの遺伝子がSFを読む、未来へと帰らせ給え
ミナカミモト (Mercurous virgin Blog)

 なにやらメビウスの輪のような歌である。
 「かの遺伝子」は未来からやってきて、そして滅んでしまったのに、未来へ帰りたがってSFを読む。
 未来が過去になってしまって、過去が未来を懐かしんでいる。
 滅んだ後で帰れるはずがないのに、未来からやって来た。
 あぁぁ……エンドレス。

 同じようで少しずつ違う世界が違う次元で存在している、というような話も昔読んだ気がするが、その伝でいえば、やって来たときの未来は滅んでいない過去につながる違う次元の未来で、滅んでしまった今に繋がる未来には存在し得ないので帰れない。
 だから、タイムスリップではなくて次元ワープみたいな……?

 どっちにしても、どれくらいの未来やねん、という話。
 ……そりゃ、SFも読むってものよ。どっかにヒントがあるといいね。
 ひっそりと、「かの遺伝子」にともなわれて未来へ帰った人(あるいはなにものか?)がいるやもしれん。
 なんてSF的過ぎるか^^;

 あ!現在も過去の未来じゃん!
 ……頭膿んじゃう。もうヤメ。(おぃ

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬省略


夏実麦太朗 (麦太朗の題詠短歌)
SFの小説中に描かれるタイムマシンの材質は何

富田林薫 (カツオくんは永遠の小学生。)
デジタル3DSFシネマのように宇宙人がやってくるヤア!ヤア!ヤア!

邑井りるる (山茶花街道)
SFに後ろ取られて幾星霜詩歌書きつぐ おぶしゃれざんすな

六六鱗 (歌おう、感電するほどの喜びを!)
SFを別の略語と勘違いする父親を笑えぬ時代

豆野ふく (それゆけ!だいふくもち)
科学には不安と夢がさんざめく 2010年が未来のSF

ましを (はいいろのおもちゃ)
ぼくたちのエフ先生のポケットのSF(すこし・ふしぎ)がこぼれて銀河

越冬こあら (犬の居た部屋)
SFの様な暮らしになりますと四本足の白黒テレビは

ワンコ山田 (歩道を走る自転車のこども)
SFの短編としてここちよく破滅へ走る手に手を取って   

市川周 (ミルミルを飲みながら)
SFの棚でとまどう芭蕉かな(電気羊は何月の季語)

白田にこ (さようなら)
あまりにも惨めな朝が明るくて古いSF映画さしこむ

藤野唯 (Sugarmint)
昔見たSFのような花の降る中庭にいます きっと見つけて

bubbles-goto (DRIBBLe HoUR)
未知のものなべて青色 少年はハヤカワSF文庫を選ぶ

久哲 (久哲の適当緑化計画。)
よく来たね。SFだから内側は明朝体の惑星だけど

おっ (だいえいの短歌専門店)
SFはフグ田サザエのイニシャルで彼女は推理小説が好き

村上きわみ (北緯43度)
フォルダ名【MISFIRE】に落としこむ未必の故意に似たあれこれを

我妻俊樹 (半ドア)
あおむけに臍をのばしてSFを読むだけじゃなく時々笑う

2011/03/27  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/865-8df13752

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。