らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


028:陰 より

いつの日か陰をなくしてひかりある表になりたい月の裏側
富田林薫 (カツオくんは永遠の小学生。)

 ん?
 いやーん、うっかり騙されるところでした~^^;
 月の裏側はあくまで地球上から、ってことなのよね~。
 地球からは真っ暗な新月の時、裏側は太陽に向かって煌々と満月なのね~。(参照:「宇宙・天文まめ知識」より
 
 とはいえ、こちとら地球人ですから。
 永遠に見えない月の裏側のことを思うとき、こういう気持ちになるわけだね。
 だって、呼び方からして「裏側」だもんね^^;
 光が当たっていても裏側なのね~。
 永遠に表にはなれんのよね~、ざんね~ん!(だから、古いって^^;

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬省略


tafots (1年で1000首をつくる)
静物に陰をつけゆく絵の外の光の在り処を確かめながら

中村あけ海 (庶務課中村が承りました)
疋田専務が消えた会議の議事録に滲む血文字の「おのれ陰陽師」    

髭彦 (雪の朝ぼくは突然歌いたくなった)
陰翳をせめて刻まむわが顔に美男の血筋受けつがざれば

sei (題詠マラソン2010用)
見はるかす山陰のうみはくろぐろとあれは呪ひと詩人のうたふ

ひじり純子 (純情短歌)
エプロンで手を拭きながらふとよぎる心の陰に巣食う邪(よこしま)

陸王 (Always Walking with Yu)
携帯の飾りを替えていないかと椰子の陰から目を凝らし見る

鮎美 (Basso Continuo)
をとめごの紺のプリーツスカートの陰翳ふかくけふ新学期

冥亭 (《冥亭倶楽部》a darkside on the earth)
かすみなす花見の頃は気鬱にて日陰木蔭にたんぽぽを踏む

音波 (短歌のなぎさ)
ひっそりと太陰暦に乗り換えてあなたと違う朝を迎える

さむえる (はりねずみぶろぐ)
山陰の出雲の蕎麦の旨けれどつゆの薄さを嘆く江戸っ子

マメ (言葉遊ばれ)
人として生きてくことに疲れた日物陰に入り四つ足となる

イノユキエ (十月堂)
白々とアスファルト燃える八月を両目は陰画として記憶する

久野はすみ (ぺんぺん100%)
ヌーヴェル・ヴァーグ語りしことも遠き日の葉陰にひらく夢の円環

2011/02/27  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/859-38966d58

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。