らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


028:透明 より

すくったら透明でした膨大な青を湛えた夏だったのに      
千坂麻緒 (薔薇十字蕩尽短歌)

 「膨大な青を湛えた夏だったのに」という泣きそうなつぶやきがとても好き。
 きっと夏が終わって失恋したんだろうなぁ。
 夏の間、恋を見せていた青いスクリーンが、秋の訪れとともに透明になって、主体は気づく。
 失恋といっても、憧れが幻想であったことに気づいてしまった、という幻滅の方だと思う。
 夏だからね、そういうこともあるよね。
 でも、なんとなく、主体は始めから夏と共に終わることは知っていて、ただ終わる事が残念だと思っている、というような感じもする。
 まぁ、夏だからね、そういうカンジだよね。(おぃ

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬省略

 
穴井苑子 (猫のように純情)
透明の覚悟はあれど石は投げないようお願い申し上げます

夏実麦太朗 (麦太朗の題詠短歌)
昔からよく知っている頃合でピンクレディーは透明になる

久哲 (久哲の適当緑化計画。)
ルクレツィア・ボルジアさんを透明な妹として放つ迷宮

井手蜂子 (蜂歌/Hello,Mr.Darkness.)
「透明」を分子まで砕き捕らへむとプレパラートを洗ふ指先

ひぐらしひなつ (エデンの廃園)
透明になるまで混ぜて六月の実験室でわたしを殺す

花夢
残業が続く夜更けはすこしづつ透明になりながらけだるい

秋月あまね (予定された調和が見つかりませんでした。)
透明な水を飲んでも透明な水は吐けないわたしは不純

ほたる (ほたるノオト)
透明な傘のクラゲが寄り添って孤独分け合うマルキュー前で

村木美月 (うたりずむ)
透明になる寸前に君からの着信音で引き戻される

村本希理子 (きりころじっく2)
透明な時代があつたことなんて知らぬ顔して かりん酒十年

bubbles-goto (BIBBLy HoUR)
眠れない夜と眠くてたまらない真昼 どちらも半透明で

兎六 (一人暮らしの日記)
ゆびさきで境界線を引いてみる見えないものと透明なもの

草蜉蝣 (低空飛行)
透明の傘はいらない幾たびも安堵の場所は捨てて来たのだ

宮田ふゆこ (ソーダ・ファウンテン)
透明な湯をざぶざぶと押しのけて今日の心配事を沈める

桑原憂太郎  (憂太郎の短歌Blog)
我の声は届かずにゐる女生徒と我との間に透明な膜

斗南まこと (野ウサギのように)
透明な夢の向こうであのひとが手を振っていた泣いてなかった

近藤かすみ (気まぐれ徒然かすみ草)
透明の傘のうちより見ゆる空ひつくりかへつて瓶覗き色

佐山みはる (月待ち人の窓辺(題詠Blog))
透明はうつくしきかなレントゲン写真にわれの骨を数へる

みち。 (滑空アルペジオ。)
すこしずつ、すこしずつ透明になる あなたがわたしを忘れはじめて

緒川景子 (ezomijikauta)
透明な瓶をならべてつくる虹 空っぽの部屋でたそがれたくて

2011/02/27  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/858-d50cd740

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。