らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


026:丸 より

満ちてこそ玉藻の城ぞ本丸の石垣映ゆる堀の汐みづ
周凍 (混沌と言語)

 おどろが好きなお気楽堂、玉藻と聞けば九尾の狐に取り憑かれた玉藻前が真っ先に浮かんだのだった^^;
 この歌の「玉藻の城」とは高松城のことらしい。

城の北側は海に面し、残り三方の堀には今も海水を引入れた日本三代海城の一つにも数えられ、石垣を今も海水が洗うお城です。海と堀がつながっていて、潮の干満による水位調整のための水門があります。
(「kみむの丸岡城と日本の城郭めぐり」より


 なるほど「満ちてこそ」というわけである。
 古の歌人柿本人麻呂が「玉藻よし」と詠った美しい海、そこから引いたお堀にお城の石垣が映る。潮の香りのするお堀って珍しい。
 砦という意味で日本の城にお堀があるのは当たり前だが、見栄えとしてもやっぱり、お堀がなかったら間抜けだろうなぁ。
 
 余談だが、参照したサイトを見ておお!同郷!と叫んでしまった。(大分遠いけど^^;)
 ちなみに福井県の県庁は福井城跡で、お堀を渡って入っていくのだ。懐かしいなぁ~。住んでいた頃は歴史的建造物なんてさっぱり見向きもしなかった。地元は案外そんなもんかも。だって風景の一部になっちゃってるもんね。まして子供の頃なんてそんな古い話全然興味なかったし。
 「玉藻の城」の地元の人はどうなんだろう、なんて思ったのだった。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


中村あけ海 (庶務課中村が承りました)
受付の前に見事な丸髷のひとが来ていて社長は居留守    

アンタレス (思い出ずるままに)
丸き背を更に丸めて老い二人何を希うか選挙に急ぐ

nene (セイント☆オゼウサン かばんの中身ご開帳編)
泣き声と罵倒でゆがむくちびるに飲ましたげるよ宇津救命丸

西中眞二郎 (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
膝かばいゆっくり降りる階段の手摺りの丸み手に温かき

富田林薫 (カツオくんは永遠の小学生。)
あなたが丸まっている間に窓辺から春の準備をしておきました

船坂圭之介 (kei's anex room)
「おまへさん 丸くなったね」古き友に耳寄せて言ふ 初期認知症

イズサイコ (橙)
この星は丸でできてる隅っこで泣かないようにきれいな丸で

梅田啓子 (今日のうた)
まん丸のお尻を揺すりゴリラゆくあれが絶滅危惧種だなんて

なゆら (リッスン・トゥ・ハー)
丸かいてちょんちょん春子が水色のペンシルで描く母の似顔絵

天野ねい (三十一文字の毒薬)
もらうのは丸ばっかりの人生で四角い胸は埋まらないまま

越冬こあら (犬の居た部屋)
一日の終わりに寒い夜が来て犬と心は丸くなるのだ

のわ (二十四節気)
お守りのように持ってた正露丸 今は誰かがそばにいますか

月の魚 (銀色水槽)
たましいを入れる棺にするからとねだられて買う丸い土笛

あおり (ぷち*ぷち)
画用紙におんなじような丸を描き「りんごといちご」と言い張る2歳

村上きわみ (北緯43度)
しんねりと丸い和菓子を提げてゆく一度きりきれいに負けるため

闇とBLUE (青い密室 ・*届くBLUE*・)
涙って丸くないのねマルボロを吸って吐き出す友の唇

月原真幸 (さかむけのゆびきり。)
人生の答え合わせはしない主義 花丸くらい自分でつける

竹中 えん (Milk Thistle)
詩とは死の支流となりてひもすがらことばと眠る丸山薫

2011/02/01  | trackback(0) | comment(2)


Comment

こんにちは、周凍と申します。
この度は「満ちてこそ」の歌を採って下さり、ありがとうございます。

玉藻城(高松城)のお堀はご存知のとおり海水を引き入れていますが、
水門を開放しているのでしょうか、干潮時には堀の底が露出してしまいます。
おまけに、現在は天守閣の石垣も修復中で、汐が満ちても美しい石垣の影は見れません。
それでも、満潮時にはチヌ(黒鯛)や大きなフグなどがのんびりと泳ぐ綺麗なお堀です。
何年か前にイギリスで見つかった天守閣の写真を見れば、
このお堀には立派な天守の姿が映っていた事が偲ばれます。
ご興味があればこちらをどうぞ。
http://www.geocities.jp/yasutoshi_r/castle/takamatsu/3.htm

ちなみに、私は学生の頃から折に触れては遊びに行っていました。

お気楽堂さんは随分前から題詠Blogに参加されていらっしゃるのですね。
皆さんのお歌の鑑賞と選歌、本当に頭の下がる思いです。
おまけに歌仙まで巻かれるなんて、とても素晴らしいです。

この度の選歌、本当にありがとうございました。
同郷との由、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
周凍 URL | 2011.02.02 | edit?
周凍さん、いらっしゃいませ。

修復中ですか。
じゃぁ、完成の暁には、すんごくきれいな姿がみられるんですね。

えー、私の鑑賞はかなり勝手読みというか、偏っているというか^^;
読みが浅いので、誤読も多々あると思います。
他の歌でも、その読みはヘンだぞと思われましたら、ご遠慮なくご指摘ください。

それと、「同郷」は「丸岡城のサイト」の方でして……^^;
誤解を招く言い方ですみませんでした。

すてきな歌をありがとうございました。
お気楽堂 URL | 2011.02.05 | edit?

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/853-bdcdf7b7

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。