らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


004:疑 より

疑問符を右手に提げて立っているわたしに感嘆符をくれまいか
星川郁乃 (Air Station)

 あげま~す!! こうですか!?、こうですか?!
 どっちでもいいか。(おぃ
 とてもユニーク、でも深い。
 疑問がある主体にだれか答えてくれ、ということだろうが、「疑問符」「感嘆符」という措辞で文字(というか記号ね)が浮かぶから、なにやら未完成のものを完成させるのに手を貸してくれ、とでも言われたような感じ。
 それに、単なる答えではなく「感嘆符」なんだから、主体が納得できなきゃだめなのだ。
 「感嘆符」でない単なる答えでも構わない相手からは答えてもらえない、んだろうなぁ。主体も分かっているから、他の人に納得させてもらいたいのだ。
 
 つまり。「あげま~す」てな調子じゃだめ、ってことよ。(スミマセン^^;

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


飯田和馬 (短歌手控え~題詠blog用)
鉄骨の少し足りないマンションで出生について次女は疑う

夏実麦太朗 (麦太朗の題詠短歌)
目に見えるものの全てを疑えば空がぱっくり割れたりもする

陸王 (Always Walking with Yu)
一枚の領収書から膨らんだ猫の尻尾のような疑問符

新井蜜 (暗黒星雲)
少しだけ真実を混ぜ疑いを持たれたときの逃げ道とする

越冬こあら (犬の居た部屋)
疑似餌だと知って飲み込む熱帯魚そんな私の結婚記念日

西中眞二郎 (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
それまでは生あることを疑わず十年日記を買う年の暮れ

梅田啓子 (今日のうた)
次の日もけふと同じ日あることをつゆ疑はず白菜漬ける

穂ノ木芽央 (白紙委任状)
天気のみしるして閉ぢた日記帳 疑ふといふことを覚えて

斉藤そよ (はなやかなみず)
われだけがわれを疑う16時 レンジのなかをまわるメタファー

村木美月 (うたりずむ)
コーヒーに溶かして混ぜて飲み干して消化できない疑惑がみっつ

冬鳥 (ことのはうた)
痛みならまだここにある疑問符を残したままに眠らせる過去

末松 (旅人の空)
手につくと二度と取れない染料のようにいつまでもいつまでも疑い

あんこく (calpisfromhell)
疑問符の湾曲部分を傘立てに突き刺したまま毛布を被る

田中彼方 (簡単短歌「題詠だ」)
疑いを捨てれば飛べる。 いまだかつて、 飛べた人などいないのだけど。

橘川えり (給水塔)
「質疑は?」と問う白髪の教員を黙して殺す制服の群れ

田道ゆわ (詠 ~ツキノチカラ うたのもり~ )
一粒の疑いの種ひとに落ち一夜で育つ暗闇の淵

2010/12/07  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/812-d87df955

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。