らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


003:助 より

泣いたって助けてくれないことくらい知っているからアイライン引く
西野明日香 (水の中のASIAへ(短歌な毎日))
 
 化粧して泣いたら無様な顔になる。だから、泣かない決意のアイライン。
 「泣かない」でなく「アイライン引く」、強さの中に主体の乙女度も垣間見えてとてもいじらしい。誰が、何を「助けてくれない」のかは読者それぞれで妄想するとして(おぃ^^;、きりっと引いたアイラインが縁取る眼は、メヂカラありそうである。
 助けてもらうのでなく、自力で運を呼び込め~!
 それに、「泣いたって助けてくれない」人は、元気に笑っていれば助けてくれるかもしれないしね。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


みずき (空)
助動詞のあとに点うつ形して涙を落とす さよならの紙

空色ぴりか (美利河的題詠百首2009)
助けたり助けられたりしているとそのうち恋がめばえるらしい(マジ)

Re: (プリズム)
他の子を乗せないでなんて言えなくて位置をなおして座る助手席

秋月あまね (予定された調和が見つかりませんでした。)
ややあってはにかみながら私まだ独身ですと助産師が言う

梅田啓子 (今日のうた)
弓なりのわが体(たい)越ゆる瞬間を思ひ描きて助走に入る

祢莉 (suger drop)
「王子など助けなければよかった」と人魚のようにつぶやく夜中

小早川忠義 (Just as I am Returns)
法螺吹きと罵る者もをらずして一心太助出番終へたり

岡本雅哉 (なまじっか…)
ふり払う腕はつかんで欲しいのよ助けるのってそういうことよ

ウクレレ (十線譜)
気がつけば恋愛幇助ばかりして作り笑顔が得意になった

みつき (みそひと :: misohito ::)
自助という前提ありと知りつつも 天の褒美をつい期待する

星川郁乃 (Air Station)
助けてはいけない亀に連れられて竜宮城は鏡の真裏

酒井景二朗 (F.S.D.)
自分つて奴を半分塗りつぶす酒と莨の助けを借りて

太田ハマル (とっても短い今日の歌)
似たような名詞を選ぶ君といて助詞の好みの違うのを知る

佐原みつる (あるいは歌をうたうのだろう)
助けなどいらない 春の坂道を転がってゆく林檎がひとつ

沼尻つた子 (つたいあるけ)
「助けて」が「ありがとう」より先に載る語学テキストのページざらつく

志井一 (日記ホプキンス)
左手が当たってしまう 助手席に人がいるのは慣れていなくて

こはく (プラシーボ)
わかる人だけにわかってほしい日は助詞のすべてを摘みとっておく

ゆき (ひたぶる君を)
永遠に終わらぬ助走かもしれず跳ぶべきバーは陽炎の外

佐山みはる (月待ち人の窓辺(題詠Blog))
身を助く芸あらなくに亀太郎ねむれぬ夜にオンと鳴くなり

まゆねこ (家事、ときどき短歌)
助からぬものと思いし捨て猫の野良になりつつ秋のまた来る

なゆら (リッスン・トゥ・ハー)
血を洗い非常階段降りながら冷めたたいやきかじる助産婦

2010/11/24  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/800-447cf9c2

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。