らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


098:ベッド より

ベッドから落ちないように抱きしめてくれた腕だけ戻って欲しい
詩月めぐ (かじられちゃったお月様)

 彼と別れて、しみじみひとりを実感する歌。
 彼はいらないのね^^;腕だけあればいい。
 「抱きしめてくれた腕」はとても快適で安心だったんだろう。彼と別れて寂しい気持ちより不便さを訴えるというのが、なんとも。
 まぁ、現実にベッドから落ちるわけじゃないんだろうから、実は強がっているだけで、「腕だけ」じゃない本音が隠れていると思う。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


原田 町 (カトレア日記)
子供部屋のベッドはいまやわが寝床ときに幼き吾子の夢見る

佐原みつる (あるいは歌をうたうのだろう)
寝室の隅に置かれた新しいベビーベッドの木枠に触れる

萱野芙蓉 (Willow Pillow)
拗れつつわれら純愛小説を蹂躙すべくベッドに倒る   拗れ:ねぢれ

ワンコ山田 (歩道を走る自転車のこども)
神様に禁じられても図書室をベッドに持ち込む冬の雨の日

田崎うに (楽し気に落ちてゆく雪)
特上のベットで眠る黒ヒョウの黄色い孤独を包む天蓋  

月原真幸 (さ か む け の ゆ び き り 。)
西側の壁とベッドの隙間から去年の嘘が発掘される

花夢 (花夢)
愛情は乾いた砂のようで絶え間なくベッドからこぼれ落ちる

橋都まこと (笑ってどこでもサヴァイヴァル)
ベッドから起き上がれずに今日もまた半日が過ぐ トテモ悔シイ

野樹かずみ (告げ忘れたこと)
それはもうひどいもんだが一日も一生も終わるから らららベッドへ

小野伊都子 ( cahier bleu)
ベッドにはくまの絵本を入れておく さみしいきみが泣かないために

2010/11/13  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/791-c89a7dfc

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。