らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


088:錯 より

あしあととゆめが交錯する空をわたってわたしへかえる明け方
やすまる (やすまる)  
 
 夢と現の境い目の明け方。
 「わたしへかえる」という言い方が、とても夢うつつの中にいる雰囲気。夢のなかではわたしではない私は大空を自由に飛んでいるのかもしれない。「あしあと」は、うつつから入ってきたときの「わたし」の道筋、のようなものか。大空を飛んでいても、もどる時が来たらちゃんともどる道が現れるのだろう。
 どこか、「わたしへかえ」りたくなさそうな、気がする。単に眠くて起きるのが嫌、とかではなく、ずっと夢の世界にいられればいいのに、という気持ちなのだろう。
 でも、帰ってこられなくなったらそれはそれで困ったことになると思うので、ちゃんと目を覚ましてください^^;
 
 なんとなく、「精霊の守り人」のサグとナユグを連想した。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略



穴井苑子 (猫のように純情)
顔面は目の錯覚を利用して あとは寄せたり上げたり盛ったり

絢森 (夢の名前を呼んではいけない)
倒錯の世界を描く画家がいて気が滅入るのでテレビに隠す

村本希理子 (きりころじっく2)
ひとときの錯視ののちの縮みゆく世界に弛む筋肉がある

寺田ゆたか ( “たまゆらのいのち”)
倒錯の愛にも似たる思ひあり珍陀(ちんだ)の酒の揺るるギヤマン

ほたる (ほたるノオト)
木犀の散り方真似てさめざめと試行錯誤を繰り返し 泣く

桑原憂太郎 (桑原憂太郎の短歌Blog)
放課後に生徒呼び出しのんびりと時代錯誤の指導を入れる

里坂季夜 (コトノハオウコク)
見ることは愛おしむこと錯覚を溶かして描くぼくの偶像

ひぐらしひなつ (エデンの廃園)
いくつかの錯誤の末に逸れてゆく結論ひとつ午後の会議に

蓮池尚秋 (ハスタンカ☆ブログ)
たぶん目の錯覚だった さっきまであったメロンとファスナーの位置

2010/10/31  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/772-b1be81bd

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。