らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


072:リモコン より

リモコンの突起をぷにゆ、と押さふればぷにゆと震へて替はるチャンネル
大辻隆弘 (大辻隆弘 題詠100首のために)

 「ぷにゆ」にやられました^^;
 旧仮名遣いで「ゅ」が大きくなっているのが、なんかマヌケで可笑しい。
 「ぷにゆと震へて」チャンネルを替えるのも可笑しい。
 多分テレビだろうと思いつつ読んだが、震えるんならラジオでも面白いなぁ。でもラジオのリモコンて聞かないから、やっぱりテレビだろう。
 リモコン押したときのチャンネルの替わり方ってどんなだったか?はた、と考えた。
 「ぶつっ」とか「ぶちっ」とか「ぷちっ」とか、そんな音があるようなないような。でもぜったい「ぷにゆ」じゃない。しかも震えないし^^; 画面が一瞬消えて切り替わるのを「震へて」と捉えたのかもしれない。でも、それじゃなんとなく「ぷにゆ」って感じがしないしつまらない。
 
 「ぷにゆ」に似つかわしい可笑しさで読むほうがぜったい面白い。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


富田林薫 (カツオくんは永遠の小学生。)
リモコンがふえてきたのでリモコンをリモコンするリモコンをふやす

振戸りく (夢のまた夢)
リモコンという名の棒で操作する祖父のテレビは14インチ

愛観 (◆◇ひ と ひ ら こ と ば ◇◆ ~題詠100首と短歌詩~)
ときめきの電池が切れたリモコンを押しても君はもう映らない

ワンコ山田 (歩道を走る自転車のこども)
鉄人を制御できずに捨てられたリモコンに枯れ枝のアンテナ

椎名時慈 (タンカデカンタ)
私(わたくし)を操っているリモコンはキミ自身だと早く気付いて

A.I (Private Window)
リモコンの電波飛び交う戦場でおにぎりだけがアナログのまま

やすまる (やすまる)
きみはどこかが壊れたようにねむっているリモコンを棄ててとなりにすわる

里坂季夜 (コトノハオウコク)
リモコンが行方不明のひと夏を教育テレビだけ観て過ごす

翔子 (花こみち)
初七日の取り残されたリビングで電池の切れたリモコンと居る

笹井宏之 (【温帯空虚】)
あなたとの日々をゆっくりOFFにしてそれきり電池切れのリモコン

みち。 (幸福アレルギー。)
リモコンも糸もないのに僕たちは引かれた線をきれいになぞる

夜さり (夕さり夜さり)
「オ・ト・マ・リ・ガ・デ・キ・ル・ヨ 出来る デデデデデ」 妻のリモコン球切れらしい

霰 (徒花日記)
リモコンのボタンで遊ぶ 真夜中の隅で時間を持て余す指

遠野アリス (gymnopedie)
リモコンで操作のできる身体ならその手を求めたりなどしなかった

稲荷辺長太 (マシンガンスキップ アドリブマニュアル)
リモコンで扇風機の向き変えながら引き寄せる長い髪の熱源

小野伊都子 ( cahier bleu)
リモコンの入れると切るは同じとこ押すんだ 生きることと似ている

佐倉すみ (ありがとベティ)
ぼんやりとした曇りの日リモコンの電池も切れたし旅に出ようか

2010/09/23  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/694-814c4edc

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。