らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


068:杉 より

有明のやぐら橋では手のひらに人大杉(ひとおおすぎ)と書いて呑み込む
やすまる (やすまる)

 検索して初めて知った、「有明のやぐら橋」とは東京ビッグサイトへ行く道、なのね。
 そして、東京ビッグサイトといえばコミケなのね。(いやそればっかりじゃないだろうが……^^;)
 つい先ごろ夏のコミケのニュースをポチポチ見たが、ものすごい人!
 「人大杉」という2ちゃん言葉もコミケにはふさわしく。
 呑み込んでも人は減らないし、あがり症を治すまじないじゃないし、初めてだとあの人出はちと怖いかも。

 もしかして、コスプレデビューで緊張しているとか?
 あるいは、単に予定のブースをきちんと確認してこなかったから不安なのか。

 無事、目的を達成できることをお祈りします。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


香山凛志 (東京パピヨン)
ゴッホよりすこし寡黙な眼のままで糸杉を描く恋人といる

小籠良夜 (《冥の逸脱》)
いたづらに訪ね来たれば鄙の屋の標(しるし)の杉に落つるいかづち

振戸りく (夢のまた夢)
あおあおとした杉玉が並んだらそろそろ秋も終わるのですね

大辻隆弘 (大辻隆弘 題詠100首のために)
たうたうと杉の林にふる雨を過ぎ去りゆかむものとして見つ

遠藤しなもん (忘れちゃった。)
杉だって松だっていい? 罪だって罰だっていい 風邪治してね

黄菜子 (月待ち人の窓辺)
公園のヒマラヤ杉の下かげにコロボックルの栖あるとう

今泉洋子 (sironeko)
曾祖父が建てて百年杉ひのき使ひし生家清らかに旧る

こはく (プラシーボ)
着く駅を持たぬ列車が糸杉のとなりで時を待つ覚めもせず

兎六 (一人暮らしの日記)
帰れるかどうか怪しい沢沿いの道を下れば杉の鳴る音

佐藤羽美 (hinautamemo)
この部屋の日差しは高杉晋作のポートレートの明度で暮れる

やや (言の葉たち)
谷深いふるさとの秋 鬼の子も杉の子もみな冬支度する

小野伊都子 ( cahier bleu)
ワセリンを休み時間に擦りこんで杉本さんの午後がはじまる

2010/09/15  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/672-40be4f2a

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。