らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


060:郎 より

向き合って座った途端メーテルが鉄郎を見るような目になる
蓮池尚秋 (ハスタンカ☆ブログ)

 999を知らない人にはどう言いようもないので勘弁願うとして。
 メーテルったら永遠の聖母である。鉄郎を愛しているが慈愛という方が似つかわしい気がする。さらに鉄郎には言えない秘密があって後ろめたさというか自責の念がある。そして最初から終わりを知っている。
 というような目なのである。
 作中主体は見られている方で、しかも男と読んだ。
 さて、「メーテルが鉄郎を見るような目」。私はなんとなく、慈愛とか自責の念とかではなくて、女性がふたりの終わりを見てしまっている、という風に読んだ。今現在お互いに好きなんだけど、女性は終りが見えてしまった悲しさがあり、男はうすうす気づいているがはっきり何とは分からない不安がある、そして聞けない。

 ちょっとマンガチックですか^^;
 とはいえ、宇宙のような遠い目をする女なんてそうそういないと思うけど。(おいっ

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


野州 (易熱易冷~ねっしやすくさめやすく、短歌編)
わたつみに対ひかつては叫びしをばか野郎とは夕日の言葉 (対ひ:むかひ)

西中眞二郎 (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
しんしんと太郎の屋根に雪積むらし玉堂描く山里の冬

梅田啓子 (今日のうた)
「くいだおれ太郎」の引退惜しみつつ道頓堀にたこ焼きを食ぶ

ME1 (FILL mobile)
竜宮の城に昇らぬ月想い 故郷を忍ぶ浦島太郎

小早川忠義 (ただよし)
書き慣れぬ振込用紙の名前欄「若草太郎」と書き損じたり

村本希理子 (きりころじっく2)
《フリュマンス・ビッシュ》の顔の金太郎飴を呉れぬか東京土産に

野良ゆうき (野良犬的)
野郎ども手加減せずにやっちまえみたいな雨に立ち向かう屋根

はらっぱちひろ (テクテク)
清らかな新郎新婦になるまえに嘘ひとつずつ交換しよう

FOXY (ぎゃらりーFOX通信)
安部次郎、その妻・信子と宿帳に仮名記せし時の昂ぶり

小椋庵月 (みのたけのしぃの実)
兄一郎弟二郎のまんなかで数に入らぬ長女は秋子

虫 (次郎)
うまれつき暗い顔した次郎だが今日は特別眉毛が薄い

東京テレポート博士 (猫背の犬養先輩はネズミにそっくり)
クラス全員が桃太郎の劇 鬼ではなくモンスターペアレントを退治すべきだと思う

ひぐらしひなつ (エデンの廃園)
女郎花泡立つ午後を笑わなくなった姉から離れて歩く

ジテンふみお (雲のない日は)
金太郎飴のモデルになりそうな笑顔だけしか憶えていない

坂口竜太 (さんじゅういち×えぬ)
地下にあるカフェでチェスなど指しながら野郎ふたりで食べるチョコパフェ

今泉洋子 (sironeko)
一太郎に海馬まるごと保存せり射干玉(ぬばたま)の夜のはやき降(くた)ちを

2010/07/25  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/615-dbb9ce75

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。