らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


058:帽 より

風に飛ぶ麦わら帽を拾いあげ恋が始まらないこともある
美木 (ヒネモスアフタヌーン2)

 これはやられた。
 それはそうよね、毎度毎度帽子拾って恋が始まるなら苦労しない。

 白状すると、ひかわきょうこの「千津美と藤臣君シリーズ」がいい年して好きなんですが、これが「風に飛ぶ麦わら帽を拾いあげ」て始まる、絵に書いたような(漫画やがな^^;)恋の話。この歌を読んで真っ先にこの漫画を思い出した。
 「お嬢さん、ハンカチ落としましたよ」(古っ!)的なことがあっても、それは「出会い」ではなく単なる「出来事」というわけですよ。(もしくはキャッチセールスとか^^;)
 「恋が始まらないこともある」……つまり、期待するなってことね。現実はそうそう甘くない。だからこそ、漫画の世界に「絵に書いたような」お話を求めるのかもしれない。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


此花壱悟(此花帖)
頭皮膚よ世界がこんなにそよぐとは! たまに帽子を忘れて出る日

西中眞二郎 (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
自転車の麦わら帽が通り過ぎ庭の緑が風に揺れおり

こはく (プラシーボ)
これ以上がんばらなくていいからと僧帽筋を交互にほぐす

はこべ (梅の咲くころから)
烏帽子草濃き黄色なる花咲かせ晩春の野の道のはずれに

村本希理子 (きりころじっく2)
周縁の捲れ上がつた祖母の空 丸箱に古い夏帽子あり     

ほたる (ほたるノオト)
やはらかい帽子でそっと捕まえたモンシロチョウに秘密を告げる

本田鈴雨 (鈴雨日記)
キャッチャーのサインに首を振る工藤 帽子のつばを汗は滴る   

佐原みつる (あるいは歌をうたうのだろう)
麦藁の帽子のつばに触れながらひとつ秘密があるのだと言う

五十嵐きよみ (晴れ、ときどきため息まじり)
地下道をまた歩き出すバイオリン弾きの帽子に小銭を投げて

宇津つよし (PUNK!BOOM!BANG!-EX)
炎天下バテずに育て好奇心 帽子の中にはウズラの卵

夏椿 (夏椿)
水たまりの空割りながら帰る子の帽子そろつて太陽の色

花夢 (花夢)
かるいから飛ぶ綿帽子  だいすきよ だいすきよ  って簡単に言う

久野はすみ (ぺんぺん100%)
守るべき姫をもたざる騎士のごとうつろを抱く帽子箱あり

瑞紀 (歌信風(かしんふう))
いっせいに投げ上げらるる制帽と歓声を待つ三月の空

2010/06/13  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/602-e3acd708

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。