らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


053:爪 より

霧雨に沈むホテルのうすあかりベッドに座してひとり爪切る
寺田 ゆたか (“たまゆらのいのち”)

 感情を表現する言葉は一切詠み込まれていないことが、うら寂しさを出している。
 「霧雨に沈むホテル」は、色気もそっけもなくわびしい印象。想像をたくましくすれば「ヘルハウス」並に不気味な景色まで連想できるが、そういうおどろ系ではなく。そんな天気でそんなホテルに人なんか大勢いるわけがない、ひたすらわびしい景色。「うすあかり」という言葉のセレクトがまたそういう雰囲気をだしているのかも。
 で、よりによってそんな日のそんなホテルの部屋で、爪を切る。
 なんちゅーか、縁起悪そうじゃない?深爪しそうじゃない? いいことなかった一日の締めくくりとしては、まぁぴったりではある^^;
 そう、つまり、ろくでもない一日の終わりの疲労感とでも言うか……そのくせ、どこかでこんな経験したような、という妙な既視感がある歌。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


ふしょー (DEATH IS A LONELY BUSINESS)
後を引く結末ばかり詠んでたら明日未明には爪がなくなる

此花壱悟 (此花帖)
車内にて爪を磨いて居る人の戦場である宵の新宿

本田鈴雨再投稿 (鈴雨日記)
はなぞののゆめ眠りいるふくよかな春の黒つち爪にひそみぬ

小春川英夫 (さるさるパパ)
ウチにいる妖精達に問いただす「爪切りをいったいどこへやった?」

天国ななお (お月様は許さない)
はっきりと言っておくけど爪楊枝くわえたままでキスはしないで

五十嵐きよみ (99本の薔薇の花束)
策略はめぐらせてある念入りに十指の爪をといで出かける

月原真幸 (さ か む け の ゆ び き り 。)
痛いのを我慢している 深爪とこの後悔は同じ温度だ

A.I (Private Window)
爪を噛む癖は治らずゆっくりとミルクレープの重なりを剥ぐ

あみー (正直なたましい)
予言者が何を言っても爪先の指す方向に進むしかない

本田あや (明晃晃)
パンプスに押込む爪は「TOKYO」って名前の赤を塗る 土曜日に

遠野アリス (gymnopedie)
爪を塗る行為で自身を戒める モラトリアムは終わったのだと 

川鉄ネオン (今週の俺が俺が)
爪先にパンツ引っ掛けずりおろす作業の途中に攣るふくらはぎ

近藤かすみ  (気まぐれ徒然かすみ草)
こんなにも綺麗な爪でホチキスの針を起こせり契約社員

2010/05/06  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/590-89253867

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。