らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


047:没 より

若くして没した詩人の享年をいくつ過ぎたか数えてはだめ
五十嵐きよみ (99本の薔薇の花束)

 読者は自分の好きな「若くして没した詩人」を思い浮かべれば良い。
 「若くして」も読む人次第で、かくいう私も40代で亡くなった寺山修司をまず連想した。かろうじてまだ過ぎていないが、もうすぐその年になってしまう。
 詩人には夭逝が付きものなんだろうか、夭逝したから記憶に残っているのだろうか。
 惜しまれて去った才能と自分を比べてはいけない。無駄に長生きしていると思えてくるから。
 世の中のほとんどは凡人なのだ。
 そう思わなきゃ生きてられんわ。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


西中眞二郎  (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
機にあればふるさとの島遠く見え没せんとして我が村のあり

春畑 茜 (アールグレイ日和)
日没ののちの空あり何処までも土手をゆきたき小犬にわれに

ドール (花物語Ⅱ)
日没に一人ぼっちで立ちつくす誰も私を攫いに来ない

nnote (題詠blog2007,nnote)
没にした言葉みたいな蟻の列黒いヒールで散らす炎天

振戸りく (夢のまた夢)
制服の群れに埋没するようにスカート丈を調節しよう

小籠良夜 (《冥の逸脱》)
新しき月の産土(うぶすな) 見渡せば此処からの日没はうつくし

市川周 (ミルミルを飲みながら)
礼金は戻らぬさだめ掃除機で没年不詳のカマキリを吸う

月原真幸 (さ か む け の ゆ び き り 。)
日没を待つバス停で分け合ったオレンジ色のゼリービーンズ

田崎うに (楽し気に落ちてゆく雪)
ミミズクが日没をみて動き出す夜会に似合うピアスをつけて

川鉄ネオン (今週の俺が俺が)
拙攻を重ねて想いは届かずにきょうのところは日没コールド

兎六 (一人暮らしの日記)
百万回繰り返しても人生の没タイトルが候補に挙がる

やや (言の葉たち)
病む人も病まぬ人にも平等な日没があり明日を育む

夜さり (夕さり夜さり)
「2012年12月23日没す」らし 世界終末はマヤ歴の上

笹井宏之 (【温帯空虚】)
牛乳と野菜サンドがめぐりあう日没五分前のコンビニ

小野伊都子 ( cahier bleu)
没にした恋文だけでつくる道 ところどころにメープルシュガー

水野月人 (新月の夜に)
ない国を救うゲームに没頭すリセット出来る命を懸けて

2010/04/09  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/574-face7d18

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。