らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


046:階段  より

DNAコラボ(え?

DNA 過去と未来の真ん中をつなぐ私のらせん階段
睡蓮。 (睡蓮。の隠れ家ブログ)

 過去と未来の真ん中に存在する自分。もちろん人類としてのDNAでもあるが、個としてのDNAなら系譜である。その場合、自分もこのあとのDNAを生み出す予定がある、とも読める。

階段の下半分は暗黒に没して夢は紡がれてゆ
大辻隆弘 (大辻隆弘 題詠100首のために)

 大辻さんの歌は、べつにDNAの歌と限っているわけではないが、睡蓮。さんの歌と続けて読んだせいか、おおDNAと思ってしまった。DNAでなくても、人類の歴史のような、大きな時間の流れと読むこともできる。それもやはりDNAと無縁ではない。
 人間になるまでの長い過去はほとんど「暗黒に没して」いるようなもので、これから先の未来へ続く階段は夢を紡いで登っていくのだ。未来が明るいとは言っていないが、「夢は紡がれてゆく」のなら希望があってしかりである。
 
 DNAから離れて読んだ場合は……
 穿った見方かもしれないが、「下半分は暗黒に没して」いるような足元の不確かな階段を登りながら、人は未来を夢見ているということだろうか?
 えらい違う歌になってまうなぁ。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


本田鈴雨 (鈴雨日記)
高みへと焦がれるさがのまずありて創られしもの階段という

よさ (やわらかい螺旋)
階段に落ちて壊れて粉々になったガラスの靴さあ君は

暮夜 宴 (青い蝶)
背中から抱きしめられて蝶になる午前0時の非常階段

野良ゆうき (野良犬的)
階段を二段とばしで駆け上がる(屋上からは明日が見える)

五十嵐きよみ (99本の薔薇の花束)
オペラ座の階段おりてゆくときのささやくような衣擦れの音

稲荷辺長太 (マシンガンスキップ アドリブマニュアル)
金曜の階段室で泣いていた美人の嗚咽が賛美歌のよう

黄菜子 (月待ち人の窓辺)
めくるめく螺旋階段下りゆけばたましいは身にはつか遅るる

小籠良夜 (《冥の逸脱》)
いづくへと誘(いざな)はるるか宙吊りの階段へ踏み出すもわたくし

桑原憂太郎 (桑原憂太郎の短歌Blog)
階段の踊り場の死角生徒らが発生させし噂の現場

やすまる (やすまる)
降りるのがつらくなったら昇らない 階段にさすひかりのうすさ

こはく (プラシーボ)
ありふれたはみ出し方に気がついて階段(下りる)(上がる)(それとも)

わたつみいさな。 (乱切りくじら)
階段を踏み外したかもしかして階段なんてなかったのかも

末松さくや (旅人の空(待ち人の雪別館))
階段に脱ぎ捨てられてわたしではないものだけが先をのぼった

萌香 (空の青さをみつめていても)
階段をのぼり続けてどこまでも辿りつけない騙し絵のなか

みち。 (幸福アレルギー。)
不器用にわたしがつくる階段をつぎの命がのぼりはじめる

夜さり (夕さり夜さり)
木犀の金の小鈴を打ち鳴らし秋が階段(きざはし)おりて憩へる

砺波湊 (トナミミナト2007)
死ぬのはたぶん今日じゃない階段を二段飛ばしで駆けおりる朝

2010/04/09  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/572-acf48c9f

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。