らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


043:宝くじ より

宝くじ売場の小窓を出入りする手と金と少しばかりの希望
近藤かすみ   (気まぐれ徒然かすみ草)

 「すこしばかりの希望」、なるほどね。
 もちろん「当ればいいな」と思って買うわけだが、誰も本気で何億円も当ると信じていない、のかも。
 「手と金」が「出入りする」のは当然として、その「少しばかりの希望」も出入りするというのが作者のやさしさのあらわれかなぁ。売り子のおばちゃん(あ、いやおねいさん^^;)には誰が当たろうが外れようが関係ないが、買う人それぞれとは一対一という商売の鉄則を心得ていればこそ笑顔で対応できるというもの。まぁ過剰な期待は勘弁して欲しいが「少しばかり」はアナタ様にも運がありますように、というところか。

 買った日くらいは夢を見る、そんな程度がちょうどいいんじゃないだろうか。だって抽選日には買ったことを忘れているんだし。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


梅田啓子 (今日のうた)
松坂の年俸聞きて宝くじ買ふ気の失せぬ 茶漬けをすする

こはく (プラシーボ)
誰からも思い出されることのない未来のために買う宝くじ

岡本雅哉 (なまじっか…)
親友とふたりで買った宝くじどっちもはずれてくれますように

泉 (つれづれ亭)
「女性史」の栞に挿む宝くじ女売られし女買はれし

天国ななお (お月様は許さない)
宝くじの数字を足し引きゼロにする 160105(いろおとこ)には当たりが無いわ

村本希理子 (きりころじっく2)
ささやかな物欲持ちたしさいきんは宝くじ買ふ熱ももたない

寺田ゆたか ( “たまゆらのいのち”)
玻璃窓の箱に笑まひて宝くじ売るをみなあり金魚にも似る

五十嵐きよみ (晴れ、ときどきため息まじり)
宝くじ買ったころにはしあわせな未来を語り合っていたのに

ジテンふみお (雲のない日は)
宝くじ一等が出た売り場にはそうとは見えぬ売り子鎮座す

矢島かずのり (蟲短歌)
宝くじだったら前後賞だね と受験生にはとても言えない

井関広志 (はじめの家)
宝くじ売場の列の中ほどにハズレ馬券を捨てし人あり

東京テレポート博士 (猫背の犬養先輩はネズミにそっくり)
宝くじのCMが所ジョージじゃなくて 西田局長になったので 買うのを辞めました だってアイツすぐ泣くじゃん

佐山みはる (月待ち人の窓辺)
宝くじの「た」の字が取れて空くじの紙片となれば屑籠に捨つ(佐山みはる)

2010/03/29  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/567-fd3cf98d

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。