らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


037:片思い より

片思ひの夏果ててのち花野ゆく少年の目に蒼穹(そら)透きとほる
寒竹茄子夫 (鮎と銀杏)

 「片思いの夏果ててのち」をいろいろ考えてみた。

 その1:片思いでなくなった
 花野をゆく少年が少女を伴っている感じを受けない。「少年の目に蒼穹透きとほる」という言い方はやはり悲しさとか寂しさを思わせるので却下。

 その2:思いを伝えた結果失恋
 「花野」は傷心をあらわしていると思うのでこれはあり。ただ、空が透きとおっているのは、「少年」だからとはいえ、告白したあとという雰囲気ではない。

 ということで、

 その3:告白しないうちに好きな相手がだれかとカップルになった、もしくは遠くへ行ってしまって二度と会えない
 やはり「蒼穹透きとほる」は嫉妬するような状況には不似合いなので、純なまま恋が終わったというイメージで「二度と会えない」方に決定。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


暮夜 宴 (青い蝶)
片思いだっていいのと水槽の中で金魚が口パクで言う

帯一鐘信 (シンガー短歌ライター)
まだどこへ入れたらいいかわからないpieceの裏にある片思い    *piece(ピース=欠片)

小早川忠義 (ただよし)
酸味から甘き後味導かれ「片思い」とは苺なるべし

天国ななお (お月様は許さない)
いいですか 片思いばかり続けると背骨は左に傾くんです

中村成志 (はいほー通信 短歌編)
『紅殻の分析結果』石壁の妃は片思いをしている (石壁=せきへき 妃=きさき)

百田きりん (きりんメモ)
幸福な片思いだと言い聞かせなじませてゆくハンドクリーム

こはく (プラシーボ)
ひだまりを思い出させる声がして片思いからこぼれる揺らぎ

おとくにすぎな (すぎな野原をあるいてゆけば)
片思いしている耳のうずまきがホルンの音をさがしてうごく

小籠良夜 (《冥の逸脱》)
あはれ其が片思ひとは笑止なり燕とらへて痛き片腹

繭 (アブストラクトマイライフ別館)
画面より失踪せるを片思いす詩を編む人は輪を閉じており

里坂季夜 (コトノハオウコク)
片思い経由ではない案件の渡れぬ橋はもう要りません

A.I (Private Window)
片思いしたことのない思春期にうっすらと削ぐ鉛筆の芯

わたつみいさな。 (乱切りくじら)
約束の指輪が意味を持たなくて片思いするあなたの苗字

みち。 (幸福アレルギー。)
あいされたい 片思いするからだごとつつむ赤すぎるワンピース

空色ぴりか (題詠100首2007/空色ぴりか)
ひとつだけ取り戻せるなら片思いしていたときの自由な明日を

近藤かすみ (気まぐれ徒然かすみ草)
いつまでも片思ひでゐる安寧になじみていまや腐女子となりぬ

夜さり (夕さり夜さり)
肉体は重ね合ふともすれ違ふこころの彩度 わが片思ひ

砺波湊 (トナミミナト2007)
エレベーター・ガール条例二十三「片思い中」のネイルは青に

2010/03/21  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/554-f70ffcf7

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。