らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


031:雪

許されていい頃なのに雪どけの水は澱んでまだここにある
花夢 (花夢)


 もちろん比喩なのだけれど、なんとなく、変に比喩にこだわらないで文字通り受け取りたくなるほど言葉がなめらか。
 余分な修辞がないぶん、却って痛々しい気がする。
 許されていないのは、何か。
 雪解けの水に喩えたのは、本当なら別に許されなくても流れていくはずのものか。
 許してもらえないのではなく、まだ許されるべきでないと自分で自分を縛っているから、ではないのか。
 飛び立てない鳥というような比喩より、「雪解けの水が澱んで」いる方が、心理的な暗さを表していると思う。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


髭彦 (雪の朝ぼくは突然歌いたくなった)
突忽(とつこつ)に歌めくもののわが裡に噴き出でし朝雪はふりけり

本田鈴雨 (鈴雨日記)
生まれきて初めての雪見しときに汝が開けし口のまどかなること ~この春十九になる姪へ

白辺いづみ (Iduming☆World)
「粉雪」を青筋立てて歌う君の後ろの窓の夕焼けがけだるい

小春川英夫 (さるさるパパ)
「ヒマラヤの万年雪になりたい」とマンホールから声が聞こえる

青野ことり (こ と り の ( 目 ))
時ならぬ雷鳴を聞きたちすくむ雪と見まごう花びらの下

天国ななお (お月様は許さない)
ジーンズに雪駄ちゃらちゃらさせながらハチ公前に遅刻したわけ

夏実麦太朗 (麦太朗の鍛高短歌4)
各々が好みのアイスを食べている表の雪は止みそうに無い

ワンコ山田 (歩道を走る自転車のこども)
楽しみにしすぎて熱を出した子に窓から見舞う手と雪うさぎ 

振戸りく (夢のまた夢)
わた雪のようにふわりとけずられた氷にレモンシロップかけて

小籠良夜 (《冥の逸脱》)
深海に降る雪を見つ 我が星のいづくにもなき光景なれど

(ソーダ・ファウンテン)
たいせつな悲しみなんだ ほら雪の日は暖房がよく効くでしょう

小埜マコト (カルアミルクを飲みながら)
もう何も言わない君を海にまく 船上から見た雪は青くて

pakari (魔法文明)
どこからが陸であるかと問う君をみたくて雪の故郷へ呼ぶ

(題詠100首blog-あいっちのうたあそび。)
恋人とあした雪見にゆくような静かな恋をいつかしてみむ

しろ (星月夜)
明烏夢泡雪(あけがらすゆめのあわゆき)新内の教室のまへしばし立ち聞く

笹井宏之 (【温帯空虚】)
雪であることをわすれているようなゆきだるまからもらうてぶくろ

寒竹茄子夫 (鮎と銀杏)
静謐に内耳の冴ゆる朝まだき窓のむかうは初雪の自治領

2010/03/06  | trackback(0) | comment(2)


Comment

ありがとうございます。
この作、実は自分の満足度としてはイマイチだったんですが、
異様に人気というか、鑑賞サイトでとりあげてもらった数が多かった奇妙な作として残っています。
(「雪」というお題はあまりにできすぎていて、逆に難しかったお題かもしれませんね。)

それにしても、お気楽堂さん、大きく作者に偏ることなく、テンションも持続して鑑賞をつづけておられる。スバラシイ!
花夢 URL | 2010.03.11 | edit?
いつもありがとうございます。
テンションは低ーく維持しています^^;
義務感が出たらやらない方がマシですからね。
(てなこと言ってるから'09版がいつになるやら…ですが^^;)

この歌は、なんというか、曖昧さが読者の誰もにハマったのではないかと思います。具体的にこれ、とぴったり説明出きないまま、自分の中の何かに重なって共感してしまう、というか。
うまく言えない、ということを上手く歌ってくれたというか。
人気があったのも、一読者としては頷けますよ。
素敵な歌をありがとうございました。
お気楽堂 URL | 2010.03.12 | edit?

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/541-459e4490

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。