らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


017:頭 より

猫だった記憶があって不機嫌は頭を撫でられるとおさまる
花夢 (花夢)

猫歌第2弾!(おいっ^^;

そういわれると基本的に猫は頭を撫でるのは嫌がらないような。抱き上げるのを嫌がって逃げるのはたまにいるけど。

不機嫌が一応おさまる、というのは多分、頭を撫でるというスキンシップそのものと頭を撫でるまでのプロセスにあるわけで。ただ、不機嫌だったのにそう簡単に甘い顔するのもしゃくに障るから、あたし昔は猫だったのよ、と。他愛ない不機嫌を軽くいなす男と、分かっていて頭を撫でてもらうために不機嫌になる女と。
――って、つまりはラブラブの恋人同士じゃーん!!
うう、うらやましい……

(なんか、最初に受けた印象から大きくそれた鑑賞になってしまった。
 歌の真意とはえらい違う気がする……スイマセン^^;)

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


此花壱悟 (此花帖)
つれづれに竜頭をまわしつづけている別に時間は壊れないから

本田あや (明晃晃)
頭痛薬 どこかの人のやさしさにこちらを向いて欲しい日もある

もよん (もよん日記)
コンビニで トイレだけでは 気が引けて 饅頭いっこ ぶら下げて出る

泉 (つれづれ亭)
おそらくはこんなものよと言へる恋まづ頭より恋は死ぬるか

新井蜜 (暗黒星雲)
頭からかじる目刺しのはらわたのようなきみとの夜の後味

ほきいぬ (カラフル★ダイアリーズ)
きれいごと言ってる僕の頭にもアレやコレやは山ほどあって

村上きわみ (北緯43度)
むずかしい顔で竜頭を巻きながら父がだまっている 夏だった

暮夜 宴 (青い蝶)
つまさきで埠頭の夜をかきまぜて風に吹かれるままのみちゆき

kei (シプレノート)
人に少し哀しみ残し三頭の河馬の背中のしずかに暮れる

やすたけまり (すぎな野原をあるいてゆけば)
太陽のほうを向くしかない頭 どの彗星も風に吹かれて

ほたる (ほたるノオト)
誰もこないところで秘密は作られて青鶏頭の揺れる廃校

村木美月 (うたりずむ)
花嫁は頭上にティアラ煌めかせ修羅場なんかは知らないふりで

末松さくや (旅人の空(待ち人の雪別館))
ほらここが頭蓋骨よ、となぞらせる 教わるために指先はある

佐藤紀子 (encantada)
小節の頭の音が揃はない 少し疲れたシニアコーラス

水野加奈 (水の中)
午過ぎの貨物列車の頭から尾までながめて歯を磨きをり

大辻隆弘 (大辻隆弘 題詠100首のために)
わが胸に頭をおきて寝いりたるひとありき遠き黎明のときに 頭=かうべ

2009/11/20  | trackback(0) | comment(2)


Comment

あはははははは!ありがとうございます(笑)
突っ込みの部分、PC前で噴出しました。

2009年のこりやばいっ!がんばりまーす。

花夢 URL | 2009.11.23 | edit?
えへへ、勝手読み恐縮です^^;
ラストスパートがんばってください。

すてきな歌をありがとうございました。
お気楽堂 URL | 2009.11.23 | edit?

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/508-543d2582

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。