らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


005:放 より

俺はもう日照権を放棄して地上のもぐらとして生きてく
あみー (正直なたましい)

 なんかもう、ご愁傷様。
 日照権なんて最近はテレビでもあまり出てこなくなったけど、日当たりのよろしくない住環境に居る者には、お互いめげずに生きていこうね、と言いたくなる歌だ。
 それにしても「地上のもぐら」とは、かなりひどい。24時間一分たりとも陽が差さないってのはさすがに耐えられないかも。都会はあきらめて、田舎に引越しなさい。東京にも田舎はあるから、もう少しはましなところがあるはず。
 私の場合、次に引越しするときは、第一条件(家賃を除く)はもちろん日当たり。
 ああ、南向きの部屋に住みたい!

 とはいえ、その南側が幹線道路とか線路じゃ話にならんのだよね、やっぱり。
 うるさい日当たりと静かな日陰……むむむ、そう考えると大して重要でなくなる第一条件ではある。(おいっ!

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


此花壱悟 (此花帖)
放埓の人と呼ばれし叔父のこと今日はビンから指が抜けない

冬の向日葵 (冬の向日葵)
すれ違う赤いポルシェに白髪の奔放を見る暖かき朝

新津康 (NOTHING WORKS)
放たれた自由はとうに風化して、未だナイフは掌の中。

鳥獲 (一ヶ月100冊読書生活)
√から放たれた5は富士山のふもとで鳥になるのだそうだ

村上きわみ (北緯43度)
奔放な風のことばを聞きながら岬は夏をみごもるだろう

花夢 (花夢)
熟れすぎた果実のように純粋なものがときどき異臭を放つ

ワンコ山田 (歩道を走る自転車のこども)
流れるか飛ぶか墜ちるか流星の放射点から占う未来

村本希理子 (きりころじっく2)
たましひが放たれてゐる牧場に帰るのでせう?それならいいよ

白田にこ (さようなら)
あさってを放るみたいな軽やかなきみはそういうスキップをする

拓哉人形 (銀鱗歌)
ん で終わるしりとりみたい。繋がらぬ会話を空へ放つ夕暮れ

砺波湊 (トナミミナト2008)
放校になった過去持つ我が祖母の二の腕の内に彫られし星座

遠藤しなもん (忘れちゃった。)
何もかも放り出したら楽になる……はずもなくって月を見ている

星野しずる (タンカdeシズル)
銀色の影の放射を駆けめぐりジントニックはつめたい獣

今泉洋子 (sironeko)
重力に解き放たれてさみどりの宇宙(そら)へ飛びたきリラ咲く朝

原 梓 (題詠blog百首を走る。)
放校と退学の違いについてなど説くから14時半がうつろう

東京テレポート博士 (猫背の犬養先輩はネズミにそっくり)
放課後ってどうしてこんなに切ないんだろう って言ったら いいから追試は黙ってやりなさいと先生に怒られた高校5年生の夏

佐山みはる (月待ち人の窓辺)
湯に放つパスタの9分 イタリアの青の洞窟はいまだ見ざりき

八朔 (I am still here.)
棄てられて放生池に棲みついたアカミミガメと語るべきこと

2009/03/16  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/380-1dc47e62

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。