らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


001:始 より

駅員も知らない秘密霧の日の始発列車は空も飛びます
水野月人 (新月の夜に)

 銀河鉄道999をばっちり見ていた私としては、終電も過ぎた時間の踏み切りを渡るとき、どこかでこっそり無限軌道に飛び立つ電車があるんじゃないかと夢見てしまう。
 お題が始なので始発なのだけど、空を飛ぶのは、なんとなく始発ではなく終電が似合う気がする。でも、濃霧の朝、人知れず始発が空を飛ぶ、始発を待つ手持ち無沙汰な時間にはふとそんな考えも似つかわしい。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略

五十嵐きよみ (99本の薔薇の花束)
 (台本にないこの恋の始まりを序曲のあいだに想像しよう)

愛観 (◆◇ひ と ひ ら こ と ば ◇◆ ~題詠100首と短歌詩~)
使わない消しゴムみたいボク達は始めないから終われない恋

青山ジュンコ (take it easy)
始めても三日ともたぬダイエット今度こそはも言い飽きました

よさ (やわらかい螺旋)
あの人がいない電車に乗れなくて始業時間はとうに過ぎてる

みずすまし (水紋)
さりとても 年の始めのひともじは希(のぞみ)と決めて硯にむかう

みずき (空)
爪立ちて春の始めを飾りゐし雛(ひひな)の髪を梳けば青空

きゅん (えむたん)
新しい今日が始まり分け合っていた体温につげるさよなら

内田誠 (その言葉の行方)
めぐりあうことをだれかに許された言葉がつながり始めたら、春

おとくにすぎな (すぎな野原をあるいてゆけば)
始祖鳥のつばさにふれた金色のチョークの粉がつもる理科室

苑彼方 (ゆらゆらと)
「六日目」の彼の指から始まって私の食指になお篭もる熱

(みずたまもようのみずたまり)
あきらめのわるいわたしを眠らせて始発電車は空港へゆく

今泉洋子 (sironeko)
産土の末枯(すが)るる庭に水仙は匂ひ始めて母の面影

カー・イーブン (ほぼ31音)
終え方を知らなきゃ始めらんないし知れば満足して眠くなる

笹井宏之 (【温帯空虚】)
ひだまりへおいた物語がひとつ始まるまえに死んでしまった

ハナ (象の求愛ダンス)
空なんか飛べなくたっていいずっと 綿毛を揺らす始まりの風

新藤伊織 (月が堕ちるころ-classic-)
前髪をぬらしたままの歌姫は始発に乗って昨日を終える

やすまる (やすまる)
とにかくは流れて行くさ左手に始点がくれた砂糖を握り

橋都まこと (笑ってどこでもサヴァイヴァル)
少しだけ勇気を出そう始まりはいつもいつでもそこで待ってる

2009/01/18  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/370-144fabf8

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。