らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


098:テレビ より

いつか来る『ネットがテレビを飲み込む日』人は知りたいことだけを見る
(池田信夫 西和彦 林紘一郎 原淳二郎 山田肇 洋泉社)
近藤かすみ  (気まぐれ徒然かすみ草)

 21世紀になってまだ9年目でしかないが、「いつか」に既に片足突っ込んでいる気がする。
 新築戸建に入居した子供もいる家族に、新聞屋が営業に行っても取ってもらえないご時世である。私だって、学生時代に新聞をしっかり読んだとは言えないクチだが、新聞はあるのが普通と考える世代の端っこと思っている。あれば見る、知りたいと思っていないことでも少なくとも大見出しは目に入る。テレビはチャンネルが選べるとはいえ、垂れ流しで入ってくる情報というものもある。でもインターネットでは、知りたいと思わないものは見ない。これは確実に言える。たとえニュースの一覧があっても、リンクの文字は小さくて、クリックしないと大見出しには到達しない。ネットで垂れ流しといえるのは広告だけだ。
 「知りたいことだけを見る」世の中は、どこか片端な気がする。別に新聞が立派なメディアだと言うつもりは無いが、「ネットで間に合うから新聞はとらない」という考えはちょっと違うと思う。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略

本原隆 (それについて)
食堂のテレビが流す「いいとも」の平和について今日は話そう

暮夜 宴 (青い蝶)
テレビだけ陽気にはしゃぐ夕餉には鯖の味噌煮ときんぴらごぼう

濱屋桔梗 (桔梗の独白)
100人のブッシュが並び威嚇するテレビ売り場をそそくさと去る

はるな 東 (菜の花の道)
午前五時時計がわりのテレビつけ味噌汁の具を迷う一分

花夢 (花夢)
テレビ塔からは見えない夕日ってだけで価値などなくなる夕日

中村成志 (はいほー通信 短歌編)
ちかよるとかまれるからとしいちゃんは暗いテレビのそばに寄らない

振戸りく (夢のまた夢)
テレビから離れてくらすリモコンの夢は徹子の部屋に出ること

富田林薫 (カツオくんはかもめ第三小学校5年3組&『まぐろ袋ブログ』)
最新の液晶テレビが映しだす 薄っぺらな ああ、薄っぺらな人

夜さり (夕さり夜さり)
小夜更けのテレビ眠りのいちにんをジャック・バウアーの銃もて殺す

桑原憂太郎 (桑原憂太郎.com)
教室のテレビも昨夜仕舞はれり窓より落とす危険物はなし

黄菜子 (月待ち人の窓辺)
照紅葉またもテレビに誘われて京都の寺に見に行かんとす

今泉洋子 (sironeko)
「テレビでは」と陽水歌ひき彼の日まで忘れし傘を探しにゆかむ

林本ひろみ (いきがかり上いたしかたなく・ぶろぐ)
テレビから垂れ流される情報を仕分けて燃えないゴミの日に出す

P (猫の毛玉 別荘 -しろうとたんか-)
首かしげ行ったり来たり 猫の仔が液晶テレビの裏を覗いて

2009/01/05  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/366-66eb58a2

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。