らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


088:銀 より

水銀に熱のいちぶをわけながら目蓋のうらへ呼び起こす雪
笹井宏之 (【些細】)

 体温計をモチーフにした歌はいくつも見られたが、中でも笹井さんの歌は美しい!
 体温を測るときって(私の世代はもっぱら腋下だったが)、何となく自分で自分を病人扱いする感じがあった。大した風邪じゃなくても、七度五分がせいぜいだったりしても、大層な病人の気分で。
 この歌はそんなずる休みしたがりではないので、「目蓋のうらへ呼び起こす」という表現にすごく浮遊感というか、ホワイトアウトするような感じが出ている。雪だから白っぽく感じるのか、熱に浮かされるときは白くなるものなのか。水銀に一部を分けてもそう簡単に下がらない熱、ずる休みしたがりは時々あこがれたが、現実には寝ていても辛いのだ。健康であることをもっと感謝しなければ。

以下、お気楽選歌
(作者名、作者ブログ名) 敬称略

暮夜 宴 (青い蝶)
濁音に揺れる水銀灯の下アンバランスなままの自意識

ドール (花物語?)
銀賞のリボンを付けて押入れにしまわれたまま忘れられる絵

寺田ゆたか (素浪人Joeのスローライフ)
横ざまに白銀(しろがね)の糸投げかくる土蜘蛛が居る雨の街灯

謎彦 (ジャポン玉)
蒼天に二日(にじつ)ありとも銀閣はかはきを知らぬ木芯(もくしん)を持つ

五十嵐きよみ (ドン・ジョヴァンニはアリアを歌わない)
銀食器だけ残されて主はもういない正義は成し遂げられた

みなとけいじ (海馬)
帰るんだあの日の銀の桟橋へかばんの中をあふれる手紙

小籠良夜 (DARKSIDE OF THE MOON)
魔の殖えて品不足ゆえ水銀を込めた散弾銃は完売

ワンコ山田 (歩道を走る自転車のこども)
探偵と助手がすべてを見抜いてた凶器が銀の燭台の頃

市川周 (ミルミルを飲みながら)
銀色の遥かな道のその先で雨にうたれているエロトピア

ぱぴこ (テクテク)
愛さないための銀色窓枠の切り取る町をまた誰か去る

かっぱ (きゅーりをこのむ)
金メダルの中身は銀でできている 僕らの肌とすこし似ている

わたつみいさな。 (乱切りくじら)
形あるものは壊れるでも愛は 問いかけた日に曲がる銀匙(スプーン)

中野玉子 (薔薇がなくちゃ生きていけない)
銀皿の楕円の宇宙司るグリーンピース三粒ばかり

文月万里 (Kagerou つれづれ)
誰からも電話の来ない一日の終わりに銀の三日月仰ぐ

2008/11/02  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/353-b5ecbc80

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。