らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


085:富 より

膨大な富の力に病める街 わたしは画家になろうと思う
富田林薫 ( カツオくんはかもめ第三小学校5年3組&『まぐろ袋ブログ』 )

 いつもオモシロ短歌で楽しませてくれるカツオさんですが、このように、きっちり詩人でもあるのである。
 この歌からは、画家というものは富とは無縁のもの(であってほしい)、というように感じられる。私も少なからずそう思うが、本当にいいものはやはり評価されてほしいとも思うので、この人には、ぜひ、売れない画家になってほしい(えっ。 ←かつを。風(何。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略

五十嵐きよみ (ドン・ジョヴァンニはアリアを歌わない)
燃えさかる地獄の業火 センセイの富も美声も役には立たぬ

彼方 (心を種として)
富士山のむこうとこっちでパジャマ着ておんなじ月の話をしてる

やすまる (やすまる)
草はらを潜って着いた扉なら『富はふじさんの、富』でちょっと開(あ)く

おとくにすぎな (すぎな野原をあるいてゆけば)
富士山の赤いかけらがしずむ場所のぞきこんでるきみとカワセミ

我妻俊樹 (喜劇 眼の前旅館)
この晴れてたやすく鬱がなじむ日に富士山なんか見てるのだろう

かっぱ (きゅーりをこのむ)
ビタミンを豊富に含む錠剤じゃ摂取できないものが足りない

田丸まひる (ほおずり練習帳。)
いつだって滋養豊富な言葉だけほしがる耳を食べてください

085:富(佐原みつる)再投稿 (あるいは歌をうたうのだろう)
富めるときも貧しいときも変わらぬと誓う背中が丸まっている

佐藤羽美 (one hundred gumdrops , elephants and sandals)
(首だけの)富江の長い髪の毛の先に絡まる夜気の群青

村上きわ) (北緯43度)
糠床にしのばせておく富籤のすこししめった枕噺は

大辻隆弘 (大辻隆弘 題詠100首のために)
ああ富貴たる者なべて美しう気高くあれな貧たるもまた

中野玉子 (薔薇がなくちゃ生きていけない)
富くじを買って帰ろう許されぬものだというし響きもいいし

ベティ (Betty's second Bar)
曾祖母の富山訛りにほかほかと大根を煮る湯気たちのぼる

2008/04/03  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/243-79f0ff43

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。