らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


083:拝 より

正座して拝み倒して手に入れたあの日の事を忘れてないか
星桔梗 (風船がわれるまで)

 これは多分、心の中で呟いている歌だろう。
 だから、大声で罵ったり喧嘩するほど険悪ではないのだろう。
 でも、長年のあいだに、少しずつ小さな不満は積み重なっているのだろう。
 夫婦間の倦怠を表す時によく、「釣った魚に餌はやらない」という言い方をするが、傍から見ればお互い様なことが多い。だから、この主体も、別に離婚とか言い出すつもりなどなく、ただちょっと、ぞんざいに扱われがちな現状に嫌味を言ってみたかったのだろう。
 嫌味を言うにもこれくらいのユーモアを込められたら、いいなぁ。

 「手に入れた」ものが自分ではない、何か「物」であると読むのはおもしろくないのでしなかった。(えらそー^^;)

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略
ゆあるひ (ゆあるひの鍛高短歌4)
幾万の人に拝まれ崇められ千年余り動けずに居る

青野ことり (こ と り の ( 目 ))
久々の青空だからこの場所をほんのしばらく拝借します  

濱屋桔梗 (桔梗の独白)
発つ前に拝んでおきたい顔がね、と云ってわたしに見向きもせずに

ふしょー (DEATH IS A LONELY BUSINESS)
本当か嘘かに意味はないですね貴方の神は拝まないので

謎彦 (ジャポン玉)
宇宙艇「ミール」に今も暮らすとふ拝一刀(おがみいつたう)父子のモデル

花夢 (花夢)
体温がわたしらしさをなぞらない拝むかたちで寒いって言う

五十嵐きよみ (ドン・ジョヴァンニはアリアを歌わない)
今すぐに悔い改めて今すぐにすぐに、ああ、もう拝んでも無駄

みなとけいじ (海馬)
わが生は拝むこと絶えてなかりせば深まる青のからっぽの空

みの虫 (みの虫が居る書のぷらぷら道)
「拝み屋」が夏の盛りをやつてきて祟りを鎮め祟りて帰へる

素人屋 (素人屋雑貨店)
重くても抱え続けたどろどろの荷を棄てに行く 主日礼拝

新藤伊織 (月が堕ちるころ)
ボコボコにされた心を拝むまで否おがんでも所詮友引

ことら (ことらのことのは)
女子校の礼拝堂の地下室に魔法使いが棲むとの噂

2008/03/27  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/241-ced818f8

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。