らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


069:カフェ より

長雨のカフェにコートの男来ておもむろに告ぐ「地獄焙煎…」
小籠良夜 (DARKSIDE OF THE MOON)

 このお題は難しかった。苦戦の結果カフェオレがやたらと多くなったなか、おどろ好み(^^;)のハートをくすぐった「地獄焙煎」。熱そうである。苦そうである。妖しい夜の妖しい店に妖しい客が妖しい注文。こんなカフェならちょっとだけ覗いてみたい。あ、店は別に妖しくないのかな……

(当該ブログ削除、新ブログ≪冥の逸脱≫に再掲載)

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略
春畑 茜 (アールグレイ日和)
カフェといふ春の空間ひとのゐる椅子ゐない椅子昼をならべる

暮夜 宴 (青い蝶)
情けなどかけてはならぬ真昼間のオープンカフェの戦であれば

中村成志 (はいほー通信 短歌編)
来訪の目印として〈カフェすず〉の香りを地図に書いて手渡す

謎彦@題詠100首 (ジャポン玉)
腹腔を瓷器とおもへばカフェインの今宵しみゆく罅のかずかず

桑原憂太郎 (桑原憂太郎.com)
カフエテリアといふ名のつゐた食堂で号令一下給食くらふ

富田林薫 (カツオくんはかもめ第三小学校5年3組&『まぐろ袋ブログ』)
早朝に滝に打たれて身を清め純な気持ちでメイドカフェへと

おとくにすぎな (すぎな野原をあるいてゆけば)
窓越しに地層の見えるカフェに来てあのバンダナは化石になった

飛鳥川いるか (しぐなすの短歌感電ノート)
遠き日に片恋ありき ほの蒼くほむら立ちたるカフェ・ロワイヤル

ぱぴこ (テクテク)
守るべき約束もなく雑踏のカフェで決意を迫られている

田丸まひる (ほおずり練習帳。)
必要のないものばかり摂取する体にうんと注ぐカフェイン

内田誠 (その言葉の行方)
海鳥がすべての嘘を持ち去った海辺のカフェに朝顔が咲く

yurury** (Scene-Flow into space*写真短歌・五行詩)
独りなる一人であると思ふ為カフェで葡萄酒空ける午後なり

大辻隆弘 (大辻隆弘 題詠100首のために)
カフェならば許しもしよう、だがまさかキャフェなんどいふ奴は許さぬ

くろ (鎌倉日記)
お祭りの丸提灯の店の名に[カフェバー青]を今年も探す

2008/02/08  | trackback(0) | comment(2)


Comment

こんばんはー★「地獄焙煎」お気に召して頂けて冥亭冥利につきまする。

大辻隆弘氏の
>カフェならば許しもしよう、だがまさかキャフェなんどいふ奴は許さぬ

亡き親父の時代なれば、「かふえの女給♪」ですからな~ーー;
連れが女給さんお目当てだったとかで、親父曰く「ワシは(クラシックの)レコードが聴きたくて通ったんだからな!」…さてね~★
小籠良夜 URL | 2008.02.09 | edit?
良夜さん、いらっしゃいませー♪
地獄焙煎って、きっと裏メニューでしょう。

お父上は女給さんのいるカフェをご存知の世代ですか。
そりゃあ絶対、きれいなおねいさん目当てでございましょう(ナンチャッテ^^;)
お気楽堂 URL | 2008.02.09 | edit?

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/227-710eff0c

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。