らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


064:百合 より

さいはひの山のあなたにすむといふ百合若殿にマイミクを請ふ
謎彦@題詠100首 (ジャポン玉)

 この歌だけ読んだ時、百合若が誰なのか分からなかった。(ホント、ものを知りません^^;)
 鑑賞に入ってみると他にも百合若の歌があって、そのどちらも、歌人塚本邦雄の愛犬のことらしい。(とはいえ、近藤さんの歌は両方掛けている)

百合若といふ名の犬が塚本邦雄(つかもと)のかたはらを走るたしかに笑つて
飛鳥川いるか (しぐなすの短歌感電ノート)

塚本家と共に歩みし愛犬の『百合若説話の世界』にあそぶ(前田淑 弦書房)
近藤かすみ (気まぐれ徒然かすみ草)


 謎彦さんの歌は多分伝説の「百合若大臣」のことだろう。それにしても、百合若を引っぱり出した挙句がマイミク申請、この諧謔味がたまりません。塚本家の犬の名と知ってみると、掛けてんじゃないの、と思ってしまう。何でもご存知の謎彦さんのことだ、塚本家の犬の名前ぐらい先刻ご承知ではなかろうか。

以下、お好み選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略

しゃっくり (春雨じゃ)
故郷の墓に群咲く白百合や女系で滅ぶ一族となり

丹羽まゆみ (All my loving ♪)
百合の香に啓かれてゆく六月のおもてにうらに水あふれをり

暮夜 宴 (青い蝶)
泣きながらあなたを待っていたのです百合のおしべに触れた夜から

五十嵐きよみ (ドン・ジョヴァンニはアリアを歌わない)
袖口に百合の花粉がついている情事のあとの麻のジャケット

里坂季夜 (コトノハオウコク)
空想の矮惑星に咲く百合は夕陽について一家言持つ

岩井聡 (North Marine Drive)
百合ヶ丘駅からは新百合ヶ丘駅が無邪気な星座に見える

佐原みつる (あるいは歌をうたうのだろう)
ブログにはもらった百合の花束の写真をいまも残しています

内田誠 (その言葉の行方)
夏の日の白百合の咲く裏庭のたぶん世界が変わるくちづけ

ひぐらしひなつ (エデンの廃園)
ただひとつを失うことを恐れては百合の花弁にしるす爪痕

癒々 (Romantic irony)
誰も彼も死ね死ね死ねとおもう日の鬼百合に喰らわれて脱落

我妻俊樹 (喜劇 眼の前旅館)
品名は百合と書いたら百合として届く居留守の玄関までは

黄菜子 (月待ち人の窓辺)
変わらないものなどは無い百合でさえ黒ずんで散る夜のしじまに

村上きわみ (北緯43度)
暮れたがるふるいからだに百合ばかり咲いているのでもう逢えません

ことら (ことらのことのは)
水盤は百合の香に満つ 未だ固き乳房の疼き咎めぬままに

中野玉子 (薔薇がなくちゃ生きていけない)
拒否された舌は花粉にまみれ出し百合の白にはもうほど遠い

みにごん (MINI'S LIFE blog)
百合ゆれて夕闇のなか友情と呼んではならぬスカートふたつ

瀧村小奈生 (陽だまりのふちっこで)
テーブルのぶあつい黄いろ指でひく百合の吐息はこんなに重い...

2007/12/29  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/221-7bf5f9af

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。