らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


056:とおせんぼ より

逃げたくば逃げよどのみち帰れまいとおせんぼさる六道の辻
小籠良夜 (DARKSIDE OF THE MOON)

 はい、このお題はもう前から決まっておりました。
 以前、テーマで100題でも書いたとおり、小籠さんの歌を追っかけるきっかけになった歌です。
 六道の辻といえば六道珍皇寺、とおせんぼするのはもちろん閻魔大王に決まっております。この歌の影響で私も小野篁なんぞ読み込んだ歌を作ってしまいましたが、まぁダサい。
 なかなかおどろも簡単にはいきません^^;

以下、お好み選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略

謎彦 (ジャポン玉)
アン・ルイスみたいな奴がとほせんぼする安土城天主のくびれ

スガユウコ (ココロに花を)
ここからは侵入禁止とおせんぼ誰あれも来るな(※カギは開いてます)

ざぼん (グレイト・エスケイプ!)
山ほどの形代(かたしろ)が来て形代の私にとおせんぼする朔日

みなとけいじ (海馬)
あかがねの凪に内耳を捉まれてとおせんぼする海を見ていた

富田林薫 (カツオくんはかもめ第三小学校5年3組&『まぐろ袋ブログ』)
プライドがとおせんぼする街角に迷い込んでる あとひとことが

きじとら猫 (きじとら小部屋)
少しだけ意地悪をしたとおせんぼ動けないのは私の方だ

本田瑞穂 (空にひろがる枝の下から)
とおせんぼなんて甘えていた頃のもうほんとうに通らない道

ぱぴこ (テクテク)
とおせんぼだらけの街で削られた空を忘れるために働く

あおゆき (メソトリウム)
背の高いひまわりときみ とおせんぼ ああ、あの夏の先にいけない

みち。 (虹色アドレナリン。)
逃げるため吐いた言葉が目の前に整列をしてとおせんぼする

わたつみいさな。 (乱切りくじら)
まわり道してもまっすぐ歩いてもとおせんぼするあたしの記憶

ひぐらしひなつ (エデンの廃園)
泣きながらするとおせんぼ守りたいたったひとつが燃え尽きるまで

黄菜子 (月待ち人の窓辺)
緩慢な死に向かいゆく余生にもとおせんぼする愛憎のある

村本希理子 (きりころじっく)
とほせんぼする子がゐない昼下りどこにも行けない道を見守る

もりたともこ (短歌、すきです。)
とおせんぼされてなお恋う窓の辺に灯る明かりはたぶん幻

2007/10/27  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/212-1395552d

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。