らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


100:最後 より

おそらくはこれが最後とわからずに離れるいつかがまた来るでしょう
こはぎ (こはぎうた) 

 そうか、「これが最後」と分かる場合って限定されるんだ。

 失恋歌かもしれず、追悼歌かもしれず。
 そしてどちらにしても多分「また来るでしょう」。
 恋に落ちれば失恋もするだろうし、生きとし生けるものすべてにかならず「いつか」死は訪れる。つまり、生きている限り、いつでも「最後」の覚悟をしておかないといけないとしたら、しんどくて生きてられない。

 花に嵐の喩えもあるさ さよならだけが人生だ


 ということで、開き直って生きるしかない。(おぃ^^;

※ 五首選でご一緒したので失恋方面と承知しておりますが、時間も空いたし、あくまで題読として個人の100首テーマは鑑みない読みをしています。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略

葵の助 (螺旋浮遊)
最後から2番目くらいにいつもいて半透明のまま死んでゆく

鈴木麦太朗 (麦畑(題詠blog用))
八月の中華そば屋の行列の最後尾からにじむ肉汁

中村成志 (はいほー通信 短歌編)
その背なに白羽の幾度刺さりしか最後尾より望むパノラマ

円 (つきのこども/あぶく。)
最後には燃えて崩れるものばかり集めていたとかみさまの声

光井第一 (第一「題詠blog」用ブログ)
来る来ない来る来ない来る花びらの最後の一枚千切らず帰る

ゆき (ひたふる君を)
最後まで使ひきれないマニキュアのやうに心にずつとあるもの

とおと (Soupe du Louve)
取つときの最後通牒忍ばせて臨む逢瀬のゆくへやいかに

土乃児 (土乃児のよもやま)
最後まで自分の歌は見つからず題詠BLOG来年も待つ

泳二 (とりあえずのぶろぐ)
少しだけ笑って投げた直球が最後だと僕にはわかってた

2015/08/16  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1721-4206bc30

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。