らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


066:浸 より

ヨーチンを浸した小さき脱脂綿傷口に当て大きく呻く
影山光月 (そらみみの丘~soramimi on the hill~) 

 そしてその後、すかさず傷口をフーフー吹くのである^^;
 傷口にしみて呻くほどの痛みでない時は大したことないのだ。
 これは一種の儀式でして、呻くなり叫ぶなりすることで、消毒・手当は完了、あとは治るのみ、と脳に納得させるのである。たいがい脳は騙されて(おぃ^^;、快癒に向かうわけでござる。
 嘘じゃないよん。ヨーチン塗ると治りが早いのです。(あ、もちろん個人差があります。あしからず。

 ヨーチン仲間発見!ヤター\(^o^)/(おぃ^^;

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略

西中眞二郎 (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
古き日の晶子もこの湯に浸りしか男ばかりの出湯はぬるし

ひじり純子 (純情短歌)
牛乳と卵に浸した食パンは蜂蜜色の夢を見ている

鈴木麦太朗 (麦畑(題詠blog用))
ひたひたの水に浸っている豆のひたひたという語のゆたかなれ

(七十路ばばの独り言)
煮浸しの鯵の一皿昨日の爺の釣果に孫舌鼓

まる (まるのブログ)
磯波に禊のごとく手を浸し君恋いおれば海鳥の鳴く

永乃ゆち (ぶらんこりあ。)
真緑の水に浸って週末は君に会いたい正しい顔で

東馬 想 (twelve I want you)
ある程度以上の量が体内に浸入すれば虎のマスクを

とおと (Soupe du Louve)
癖のある一字一字をほどくやうに真水に浸す封筒の束

青山みのり (わざとじゃないもん!)
冷水のボウルに浸かるわたくしの指ともやしが同化してゆく

閏 (○の▲)
浸礼で流した罪の溜まる水 和地關だけが清浄ですか

新藤ゆゆ (ゆゆとぴあ。)
たっぷりとワインに浸るいちじくも、耳も、夜にはデザートになる

柳原恵津子 (柳’s ラボラトリイ)
まきびしが転がる日々のつかの間をうさぎリンゴのための塩水

2015/04/09  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1687-a6865ea7

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。