らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


059:畑 より

青空に鳶がくるりと輪を描いて畑仕事はしばらく休み
山本左足 (砂上楼閣) 

 空は晴れて、風はそこそこ、鳶がピーヒョロロと鳴いて舞う。
 春ですねぇ。(いや、誰も春って言ってないけど^^;
 この畑仕事は、春耕であり、各種種まきであると読んだが、長閑な午後のひと休み。
 
 もちろん、夏でもいいんだけど、私の中で夏のトンビ=江ノ島になっちゃってるもんで^^;スミマセン。

 あぜに腰を下ろして煙草一服、みたいなのんびり感がたまらない。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略

辺波悠詠 (独りよがりの傘を開いて)
深緑の段々畑の頂上で皐月に贈る草笛を吹く

白亜 (雲いろの栞)
耕した畑のなかに宝石を拾うように祖母は生きてた

希屋の浦 (檸檬藍瑕)
畑にはたわわに実る果実ありもいだ瞬間夏の音する

有櫛由之 (有櫛水母)
ひさかたの雨歌に声かすれつつ胡瓜畑を歩く嘴細

ゆみこ (詩のある毎日)
どの方角にきみたちの理想はあるの裏の畑のポチの激減

ゆき (ひたふる君を)
駆け抜けてごらん少女よきらきらと盛夏へむかふひまわり畑

影山光月 (そらみみの丘~soramimi on the hill~)
「畑とは和字の代表なのです」と教師の語る午後の退屈

三沢左右 (Lazy Room)
踏み切りの音いや遠し真みどりのすいか畑の葉葉は目を閉づ

じゃこ (めくるめく)
雪国から反対向きにトンネルを抜けるとお花畑であった

泳二 (とりあえずのぶろぐ)
あの時の手紙は読み返さないで裏の畑で僕が泣くから

久野はすみ (ぺんぺん100%)
知っていることとこの目で見ることの違いを知りぬ段畑に立ち

2015/03/29  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1680-c693840f

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。