らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


050:頻 より

思い出す頻度が徐々に増えていて つまりは君を忘れたのだろう
円 (つきのこども/あぶく。) 

 短歌をつくる時、あるいは読む時も、「思い出す」を「忘れた」と同義に考えなかった気がしてハッとした。
 なるほど。思い出すということはそれまで忘れていた、ということになるなぁ。
 そう気がつくまでは、主体にとって「君」は忘れるはずのない、思い出さなくても常に考えている/思っている存在、だったのだろう。
 一字空きに続く下の句が、主体自身の驚きとショック(というか落ち込み?)を感じさせる。
 
 でも、それは生きている証拠だから、罪悪感を感じちゃダメですよん。
 飽和する前に消去するのが脳の仕事だもんね。(たぶん^^;

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略

横雲 (朝の雲)
花散らす風頻りなり春過ぐる下ゆふひもの誰かとくべき

(Moon of Ice より  さらばPopy王国)
春闌けて迦陵頻迦(かりょうびんが)の思ひ入れ日にも月にも法を説くなり

周凍 (月とあをさぎ)
心得えでなどまぼろしを見分くべきまどへる春こそ頻りなりけれ

小原更子 (ゆずり葉草紙)
「ママ」「パパ」の使用頻度が低下して「ウザい」「キモい」が増えゆくさなぎ

五十嵐きよみ (111.31KV620日記)
頻繁に聞けば聞くほど「安心」も「安全」もどこか心もとない

希屋の浦 (檸檬藍瑕)
虹描く瀕死の筆が涙する未来はあまりに広大だから

民谷柚子 (雑記帳)
まばたきの頻度できみにキスしたい眼鏡かけてははずす思春期

まる (まるのブログ)
携帯の着信音に似る虫が頻りに鳴きて夜半に目醒めぬ

ゆき (ひたふる君を)
きらきらと迦陵頻伽のごとき爪磨きて笑まふネイリストたち

泳二 (とりあえずのぶろぐ)
中央値(メディアン)と最頻値(モード)が一致するわりと算術平均的な愛撫だ

新藤ゆゆ (ゆゆとぴあ。)
頻繁にマイナーチェンジを繰り返しかわらずに在るかっぱえびせん

2015/03/14  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1670-8e3eb842

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。