らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


040:跡 より

翡翠の背に朝の陽のかがやきて鳴き交わし行くつがいの軌跡
谷口みなま (みなまのブログ)

 カワセミだけは「軌跡」と言っていいだろう。
 ぼんやり川を眺めている時に視界を碧い光がぴゅーっと横切ることがある。瞬時にカワセミ!と思うが、めっちゃ早いので、どこかで止まってくれないとすぐ見失う。結構川面に近い低さを飛ぶから見える時は見えるんだよね。ふつう、「鳥交る」というと春だけどカワセミならやっぱり初夏がいいな。羽根の碧が日差しにキラキラだろうなぁ。

 最近はめったに見ない。つがいが鳴き交わして飛んで行くなんていいなぁ。声もきれいなのよね。

 余談ですが、枝とかフェンスとかにたまさか止まった時の動きがとってもおもしろいのだ。 
Youtube より
 

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略

辺波悠詠 (独りよがりの傘を開いて)
クセのある筆跡に恋をしたのです、君のノートを覗いたあの日

西中眞二郎 (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
白鳥の降り来たるらし松葉形の足跡雪に小さく残れる

有櫛由之 (有櫛水母)
とほとほと霰降る夜の手習ひのこれは疵跡これはくちぐせ

コバライチ*キコ (ペーパードリーム)
聳え立つボロブドゥールに遺されし栄華の跡を鳥掠め飛ぶ

大島幸子 (それらすべては架空となりて)
わたくしがひとえに守りぬいたもの(跡形もなくほどける身体)

青山みのり (わざとじゃないもん!)
記憶からきれいに削除したはずの跡地にあまた咲く彼岸花

泳二 (とりあえずのぶろぐ)
この星を奇跡の星と言うけれど火星にはある火星の奇跡

2015/02/21  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1660-43ecb596

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。