らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


032:叩 より

法要は三十分後 たわむれに叩く木魚の音が良すぎる
鈴木麦太朗 (麦畑(題詠blog用)) 

 あはは、あまりよく響いて、やべっ!ってとこかしらん。
 木魚なんて滅多にお目にかからないものだし、でも何かは知っているもんだからつい叩きたくなる、というのは主体だけじゃないと思う。しろうとには、あれは仏具ではなく打楽器^^;

 30分……法要に来る他の人もぼちぼち集まる頃合いか。ということで、「音が良すぎ」て注目を浴びたんでしょうね。法要だから、白い目まではいかなくても苦虫噛み潰したような顔の人もいるかも知れず。

 でも、主体のこの無邪気さ、嫌いじゃないです。
 私もぽくぽくしてみたい^^;

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略

こはぎ (こはぎうた)
初めてのシャワーに背骨を叩かれて待つ人の腕の温度を思う

文乃 (木の葉に小さな歌を書きたい)
やわらかく叩くキーから撃ちだした言葉の群れを夜空に飛ばす

西村湯呑 (あるあるのうた B面)
叩きつける雨 ほんとうの優しさは痛みをいっぺんにくれる人

周凍 (月とあをさぎ)
鮮鮮(あざあざ)とドラムを叩くあをき人音もほむらとうち光りたり

佐藤紀子 (encantada)
百回もボウルに叩きつけられてパン生地はわがストレスを消す

東馬 想 (twelve I want you)
二千円札を叩いて競馬場 忘れな草のドルチェリモーネ

ワンコ山田 (歩道を走る自転車のこども)
漲っていた日々はもう暮れたのに叩けば誇りがでしゃばる身体

青山みのり (わざとじゃないもん!)
<叩かずに育てなさい>と添えられて十年物のワイン届きぬ

柏井なつ (遠くにいても、近くにいるよ。)
手を叩くことも忘れるほどの曲ピアノが終わり静寂が降る

久野はすみ (ぺんぺん100%)
冬の朝、門を叩いてわたくしは偉大な龍の弟子となりたり

2015/02/05  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1652-81e0ee95

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。