らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


082:柔 より

かぴかぴになってしまった 柔軟剤入れて洗ったタコだったのに
じゃこ(めくるめく) 

 おぃ^^;
 タコのぬめりを洗濯機でとる、という話をなにかで見たか聞いたかした気がするが、柔軟剤は入れないだろう。食べるんだから。
 しかも、カピカピということは、干したの?
 柔らかくして食べるために洗濯機で回すのに、干してどうする!
 やわらかい一夜干しみたいのにしたかったとか?

 参照: タコの一夜干し クックパッド より


 ……えー^^;
 そういうこっちゃないよね。
 このナンセンスに座布団一枚!

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略

平野十南(幼稚)
生え替わる犬の毛を梳く柔らかにこころは秋の状態になる

山本左足(砂上楼閣)
柔らかいものが揉みたいだけだから君が嫌ならスポンジを揉む

穂ノ木芽央(白紙委任状)
柔肌の厚き脂肪のかたまりにかなしからずや味噌を溶く君

秋月あまね(/dev/null)
柔和なる蜜蜂何もしないのに殺虫剤を浴びて斃れる

白亜(雲いろの栞)
わが髪を撫づるあなたの指からシャンプーの香の柔らかに飛ぶ

大島
幸子(それらすべては架空となりて)
ふみはずす さほど柔くはない肌の下を流るる血潮も熱し

流川透明(透明な竜の召還日和)
柔らかなものと信じて撫でていたウサギにもある鋭い前歯

芳立(芳立五蘊)
柔肌をゆるすとみれば結びたる桜桃の実の上向き加減

ロクエヒロアキ(6e)
砂浜に柔毛《にこげ》が生えてあたらしい鳥と季節がしずかに止まる

西中眞二郎(しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
ひさびさの帰省訪うべき人もなく波柔らかに岸に寄るのみ

紫苑(紫苑がさね)
あをすぎる空の疼きにさざなみの柔き衝動ふときざしけり

2014/07/12  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1598-530209d4

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。